秋のキャンプに備えるためのマストアイテム16選

写真拡大

夏が終わって涼しくなってきたら、いよいよキャンプの季節だ。もう準備はできている? なにか足りないものはない? キャンプ用品は常に進化しつづけている。古くなったアイテムを買い替えたら、大自然の中に飛び込もう。

SLIDE SHOW 「秋のキャンプに備えるためのマストアイテム16選」の写真・リンク付きの記事はこちら
campgear_knife-3-932x699

2/16その2、クリス・リーヴのニアラ・インシンゴ・ブレード
ロープを切ったり、フリーズドライされたシチューの頑丈なパッケージを開けたり、虫垂を緊急切除する場合であっても、このナイフは最高の相棒となるだろう。このさまざまな握り方が可能な美しいマイカータハンドルと非常に鋭い3.75インチのステンレス刃を誇るニアラ・インシンゴ(230ドル)はクリス・リーヴ氏によって丁寧にデザインされたものだ。PHOTOGRAPH COURTESY OF CHRIS REEVE KNIVES

campgear_yeti-932x700

3/16その3、イエティのホッパー・フリップ12クーラー
クーラーボックスは水が漏れるし、とてもかさばるし、きちんと閉まらない。しかし、そんなに邪魔にならないものもある。イエティが発売したホッパー・フリップ12クーラー(280ドル)はコンパクトで、頑丈で水漏れしないジッパーもついている。何より、キャンプ場やカヌーの中、山へピクニックに行くときでも食品や飲み物を綺麗に保冷することのできる柔らかくて頑丈なカバーで覆われているから安心だ。PHOTOGRAPH COURTESY OF YETI

campgear_lamp-932x699

4/16その4、ベアボーンズのビーコン・ライト
この60ドルのキャンピング・ランプは旧式のガスランタンに似たレトロなデザインをしている。5ワットのLEDは220ルーメンから1ルーメンまで明るさを調節することができるし、充電式のバッテリーは必要な明るさに応じて3時間から200時間までもつ。テントの中に吊り下げるためのカラビナも付属している。同梱されている充電コードで充電すれば、数時間で完全に充電することもできる。PHOTOGRAPH COURTESY OF BAREBONES

campgear_cards-932x699

5/16その5、ホイルのクリア・トランプ
毎回マヌケな誰かがワインクーラーをこぼしてトランプをダメにしてしまうから、キャンプにトランプを持っていくのをやめた。そんな場合でも、この透明なプラスチックでできているトランプ(6ドル)を使えば、酔っ払った友人たちに邪魔されることなくポーカーゲームを楽しむことができ、かれらから一晩中お金を巻き上げることができるようになる。PHOTOGRAPH COURTESY OF HOYLE

campgear_bowl-932x699

6/16その6、スノーピークのハイブリッド・トレイル・シリコンボウル
キャンプ中の料理はとても楽しいものだ!けど、料理の片付けは……まさしく拷問だ。このシリコンボウル(12ドル)は表面が滑らかなので、すぐに綺麗にすることができる。12オンスの液体を入れることができるのでシリアルを入れるには十分だし、スノーピークのチタン食器3点セットの中にすっぽりと納まる。PHOTOGRAPH COURTESY OF GUYOT DESIGNS

campgear_paracord-932x699

7/16その7、キングコブラのパラコード・ブレスレット(ファイアースターター付き)
16フィートのパラコードをどこに行っても持ち歩ける安心感が欲しくないかい? いつでも火を起こせるように準備したいと思ったことは? あるいは、会話のきっかけとして便利でユニークなブレスレットを身につけたくない? もしそうだとしたら、キングコブラの550アルティメット・サバイバル・ブレスレット (20ドル) はあなたにぴったりだ。PHOTOGRAPH COURTESY OF SPORT ROPES

campgear_grill-932x699

8/16その8、トレガーグリルズのテールゲーター
キャンプで食べるものといえば、ホットドッグやハンバーガー、目玉焼き。ときにはチキンも食べる。もちろんこれらも美味しいが、もっと美味しいものもつくれるだろう? 重さ62ポンドのテールゲーター(450ドル)は分解してSUVに積み込むことができる、ハンバーガーやホットドッグを焼くには最高の道具だが、まるでテキサス・ヒル・カントリーにいるかのようにブリスケットを燻製することもできる。PHOTOGRAPH COURTESY OF TRAEGER GRILLS

campgear_binocs-932x699

9/16その9、イーグルオプティクスのレンジャーED 8x42 双眼鏡
平穏と静けさを求めてキャンプに行く人もいれば、大自然を求めて行く人、運動するために行く人もいる。そして、バードウォッチングをするために行く人だっている。もしバードウォッチャーならイーグルオプティクスから発売されているレンジャーED 8x42 双眼鏡(330ドル)を検討してみてはどうだろう。特殊低分散ガラスとマルチコーティングレンズによって、すばやいムシクイやキャンプ場の少し離れた区画にいる美女を常に明るくシャープに見ることができる。PHOTOGRAPH COURTESY OF EAGLE OPTICS

campgear_backpack-932x699

10/16その10、オスプレーのストラトス 34 ハイキング・バックパック
優れたハイキング用バックパックは快適性を重視している。オスプレーから150ドルで販売されているこのバックパックにはサスペンションが備わっているので、荷物を安定させ、バックパックと背中の間に十分な隙間を作り出すことによってそよ風で体を冷ますことができる。悪天候に遭遇してしまったり、突然水風船投げが始まってしまったときのために、簡単にバックパックを収納することができるレインカバーも付属する。PHOTOGRAPH COURTESY OF OSPREY

campgear_bearspray-932x699

11/16その11、カウンターアサルトの熊撃退スプレー
『レヴェナント:蘇えりし者』は観た? え? 観てないの?  観てないのに今週末キャンプに行くのか!? じゃあ絶対に観るなよ!  頼む、お願いだから観ないでくれ。その代わり、この熊撃退スプレー(47ドル)は絶対に買うべきだ。これは冗談を言っているわけじゃない。明日、買うんだぞ。本当に冗談を言っているわけじゃないんだ。なあ、信じてくれよ、頼むから!PHOTOGRAPH COURTESY OF COUNTER ASSAULT

campgear_campstove-932x699

12/16その12、バイオライトのキャンプストーブ
「料理をするときの火で携帯電話を充電できたらいいのになぁ」と考えたことはある? ないでしょ? わたしたちもそんなことを考えたことはない。だが、バイオライトは考えたのだ。キャンプストーブ(130ドル)は木材を燃やす煙低減型ストーブで、お茶を入れるためのお湯を沸かしたり、卵を焼いたり、電子機器を充電することができるのだ。そして料理しているところを照らすことができる小型のUSBランプが付属する。PHOTOGRAPH COURTESY OF BIOLITE

campgear_polytune-932x699

13/16その13、TCエレクトロニックのクリップ式ポリフォニック・チューナー
焚き火のそばでフィンガー・ピッキングをすると、最悪のギタリストが演奏していてもジャンゴ・ラインハルトの演奏のように聞こえることは周知の事実だ。ただし、それもちゃんとチューニングができている場合に限られる。このTCエレクトロニックの小型電子機器(35ドル)はギターのヘッドに装着するものだ。一度軽く弦をかき鳴らすだけで、どの弦の音程が狂っているかを見つけ出してくれ、チューニングの手助けをしてくれる。さあ、演奏を始めよう。PHOTOGRAPH COURTESY OF TC ELECTRONICS

campgear_tent-932x699

14/16その14、ビッグアグネスのタンブル3マウンテングローテント
アパートを借りたり家を買ったりすると、ほぼ間違いなくシーリングライトもついてくる。ならば、テントにシーリングライトがついてきてはいけない理由もないだろう? ビッグアグネスのタンブル3マウンテングローテント($330)は基本を押さえている。スリーシーズン対応の軽量なデザインで、テントの縫い目にライトが内蔵されているので、邪魔な吊り下げランプに絶えず頭をぶつけることなく、テントの中を隅々まで照らすことができるのだ。PHOTOGRAPH COURTESY OF BIG AGNES

campgear_hydroflask-932x699

15/16その15、ハイドロ・フラスクの40オンス ワイドボトル
水筒には3つのことが求められる。水、飲みやすさ、刺激的な色が選べること、だ。ハイドロ・フラスクの40オンスボトル(48ドル)にはストロー蓋が備わっているため、漏れを防ぎながらも、片手で飲みやすくなっている。十数種類の色から選べるから、キャンプ場で独創性を演出することも可能だ。PHOTOGRAPH COURTESY OF HYDRO FLASK

campgear_sleepingbag-932x699

16/16
週末にはおそろいの服装をして、友人のパーティーではソファで肩を寄せ合い、ふたり乗りの自転車も購入済。そんなあなたたちにぴったりの寝袋がようやく発売された。ザ・ノース・フェイス社のドロマイト・ダブル20スリーピングバッグ(160ドル)は華氏20度に対応しているふたり用の寝袋で、強固な共依存関係を一晩中キープすることを可能にしてくれる。PHOTOGRAPH COURTESY OF THE NORTH FACE

Prev Next

9月はキャンプにでかけるのに最高の季節だ。おそらくあなたが持っているキャンプ道具のなかには、少なくとも1点くらいは買い替えなければいけないものがあるだろう。ならば、それをおしゃれな道具に買い替えよう。

さあ、米国人の特技(=買いもの)を見習い、国立公園局の100周年記念を祝おうじゃないか。壊れてしまったものを新しく、便利で、友人たちがあっと驚くようなもっと良いものに買い替えて出発し、週末 (と賞賛の声) を楽しむのだ。

RELATED