『珍怪魚を食べてみよう』が緊急企画!築地が本気で集める「珍怪魚」VSミシュラン星獲得の一流シェフ

写真拡大

過去8回開催され、告知するや即満員となった超人気イベント『珍怪魚を食べてみよう』。

過去は珍怪魚ビュッフェや海のギャングことウツボのタタキなどが席を賑わせていましたが、更にパワーアップしたイベントをシャルール表参道(東京都渋谷区神宮前5-46-15)にて8月29日、緊急開催するそうです。

【関連:カンガルーのタタキにワニ南蛮!?浅草で『日本酒を飲みながら珍肉を食す会』】

珍怪魚

■築地VSミシュランで星獲得の一流シェフ

今回は築地市場全面協力のもと、北は北海道から南は沖縄まで築地市場が真の珍怪魚を集めてくるそうです。

それに対し、調理の面ではフランスミシュランで星を獲得している超一流シェフが珍しく&怪しい魚のみを使った料理「珍怪魚料理」に挑戦。イベント趣旨はミシュラン星獲得の一流シェフが「珍海魚」料理に挑戦!となっていますが、ある意味「築地VSミシュラン星獲得の一流シェフ」という様相も呈しています。

日本近海で獲れるお魚は約4000種。しかし市場に出回るのはたった50種ほどだそうです。
世の中にはまだまだ「珍しく」「怪しい」「食べたことのない」美味しい魚が沢山存在しており、それを知り尽くした築地市場が一流シェフにどんな食材を提供し、シェフは料理でどう返すのか!ちなみに今分かっているだけで、30キロオーバーのアカマンボウが登場するようです。どんな料理になるのか楽しみですね!

築地市場

■一応恋活イベント

ちなみにこのイベントを手がけるのは、『珍肉BBQ』に『無人島キャンプ』と数々の非日常イベントを発信するHoliday Jack株式会社と、 日本最大規模の恋活を仕掛ける株式会社 Rooters。一応「恋活」も一つのお題になっています。

珍怪魚料理で吊り橋効果が出るかどうかはわかりませんが、普段食することのできない食材・料理ばかりになるはず。多少何らかの効果はあるかもしれませんね。

申し込みはHoliday Jackの公式サイト経由で行えます。参加費と参加条件は男性7300円で20歳〜29歳、女性2800円で20歳〜29歳となっています。