安倍晋三首相の発言に関する字幕に誤り 日本テレビが謝罪

写真拡大

13日、「GOing! Sports&News」 (日本テレビ系)で、同日放送の「NNNストレイトニュース」内において安倍晋三首相の発言に誤った字幕スーパーをつけたとして謝罪した

「NNNストレイトニュース」では、この日開催された第83回自由民主党大会の模様が、現地からのレポートも交えて伝えられた。VTRでの安倍首相の発言は、「選挙のためだったら何でもする!誰とでも組む! こんな無責任な勢力にわたしたちは負けるわけにはいかないんです!」というものだった。

続けて安倍首相は「今年の戦いは政治に国民に、責任を持つ。自民党・公明党連立政権対、こうした民主党・共産党、民共との勢力との戦いになります」とも述べており、先の発言は「選挙のためだったら誰とでも組む政党」を批判したものとみられる。

ところがこのとき、画面右上のテロップでは「安倍首相“選挙のためだったら何でもする”」と表示され、あたかも安倍首相が「選挙のためだったら何でもする」と意思表示したかのようにとれる内容となっていた。

同日の「GOing!」でも党大会が報じられたが、VTR明け、山下美穂子アナウンサーが「本日放送のストレイトニュースで、このニュースを取り上げた際、安倍総理の発言に関する字幕スーパーが誤っていました」と報告し、「お詫びし訂正いたします」と謝罪し、頭を下げた。

このとき画面上では
「× 安倍首相"選挙のためだったら何でもする"」
「○ 安倍首相"選挙のためだったら何でもする 無責任な勢力に負けるわけにはいかない"」

と表示されていた。
        
【関連記事】
日本テレビが安倍晋三首相の発言を曲解して報道か 視聴者が指摘
自由民主党・佐藤正久議員が某男子トイレの張り紙「司令官訓示」に好反応
NHK番組が丸山和也議員の「問題発言」を恣意的に編集か Twitterで指摘