2015年夏の水着3大トレンド!インパクト柄、上下別柄、フリルバンドゥをチェック

写真拡大

いよいよ梅雨入りで、少し憂鬱な気分…なんて人も多いのでは? そんな時は、楽しいイベントの計画を立てるのがいちばん! 夏休みのバカンスや、ビーチイベントの予定がある人にとって、外せないアイテムが水着。せっかくなら、今季のトレンド水着に新調して思いきり夏を満喫したいもの。

今年は、エスニック調&ボタニカルテキスタイル、トップスとボトムにあえて違う柄を組み合わせたコーディネート、フリル付きバンドゥタイプが3大トレンド。いち早く手に入れて、夏のイベントをめいっぱい楽しんで!◆プリント水着なら、インパクト大のエスニック&ボタニカルを要チェック!


毎年さまざまなトレンドを見せるプリント水着。今年は、ビーチやプールサイドで視線を集める、鮮やか&大ぶりの柄が主流。「PEAK&PINE」からは、旅の風景を転写したようなビキニに、幾何学模様のショーツをコーディネートした、まるでアートのようなエスニック柄が登場。そして、「San-ai」からは、写真家・映画監督として活躍する蜷川実花氏ディレクションブランド「M / mika ninagawa」とコラボレートした目にも鮮やかなボタニカル柄がお目見え。グラデーションになった花柄と、フリル付きワイヤーブラがガーリーさを引き立ててくれる。

写真)左から、「PEAK&PINE」ビキニ14040円/ミューラーン 「M / mika ninagawa×San-ai」ビキニ17280円、サングラス1080円/ともに三愛水着楽園

◆ミックススタイルが新鮮!ブラとショーツ、上下別々の柄でアクセントを付けて


無地×柄、花柄×チェックなど、あえて上下別々のテキスタイルを組み合わせたスタイルも、今年の注目トレンド。左は、カラートーンをグリーンで揃えながらも、素材にニュアンスある無地のトップと、花柄のショーツを合わせたタイプ。ホルター部分はショーツと共布を使ったさりげないお揃い感もポイント。右は、花柄×ブロックチェック柄と、全く違う柄を組み合わせたタイプ。意外性と遊び心が満載のコンビも、開放的な気持ちになれる水着だからこそ、抵抗なく取り入れられる。

写真)左から、「AI」ビキニ各15120円/ともに三愛水着楽園

◆フェミニンなフリルが女性らしさを引き立てる、進化系バンドゥ水着に注目!


トレンドに敏感な女性をターゲットに、毎月新作を展開する「PEAK&PINE」。チューブトップタイプの“バンドゥ型”は、ここ数年継続してトレンド傾向にあるから、もうすでに持っている…なんて人も多いかもしれないけれど、今年のバンドゥはたっぷりフリルが付いて、よりフェミニンに。胸に自信がなくてもトライしやすいのもポイント。左は、シンプルな無地だけれど、ショーツのバックスタイルに大きめのリボンが付いたタイプ。また、右のように、ブラ&ショーツと同じ花柄のショートパンツがセットになったガーリー度満点のものも。3点セットは、お尻まわりが気になる人も体型カバーができて嬉しいアイテム。

写真)左から、「PEAK&PINE」バンドゥ水着14040円/ミューラーン 「AI」バンドゥ水着3点セット17280円/三愛水着楽園