◆第101回全国高校野球選手権大会第9日▽2回戦仙台育英―鳴門(14日・甲子園)9日の1回戦・飯山(長野)戦で、24安打20得点と打線が爆発した仙台育英(宮城)が、2回戦の鳴門(徳島)戦でも、初回から打線がつながった。徳島大会から全試合、全イニングを投げている鳴門のエース左腕・西野知輝投手(3年)に襲いかかった。先頭打者の中里光貴二塁手(3年)が初球を捉えて、左翼線への二塁打で出塁。続く2