ほぼ3年間、大手広告代理店に勤めているうちに、黒人のオリ・オラニペクン氏はクライアントにとって「事情通」として、彼自身がしばしば引き合いにだされていることに気がついた。「見た目のせいで、そうした人物像に祭り上げられることにうんざりしている。彼らが仕掛けたギミックのようだ。若者文化についてのブリーフィングのたびに、クリエイティブディレクターがやってきて、『オリはあいてるか?』と聞いてくる。まるで、160