普通の会社勤めをしている場合、あらかじめ決められた労働時間を超えて働くことはごく普通のことといえます。ところがフライトアテンダントの場合、労働時間が厳しく管理されていて、たった1分超えることも許されないのだとか。本記事では『国際線外資系CAが伝えたい自由へ飛び立つ翼の育て方 当機は“自分らしい生き方”へ