宮城県大崎市鹿島台・志田谷地地区は、決壊した堤防から流れ込んだ吉田川の水が引かず、1週間が過ぎても一部が水没したままだ。避難を続ける住民は、備えていた手こぎ舟などで行き来し、片付けにとりかかっている。過去にも水害を経験してきた地区で、今回の台風で犠牲になった人はいなかった。元は沼だった場所を干拓