オープン戦が始まっていよいよ各球団も本気モード。評論家の金村義明氏がセ・リーグの順位予想を行なった。予想は以下の通り。

【1】広島【2】阪神【3】巨人【4】ヤクルト【5】横浜【6】中日

 現場主義をモットーに、今年も12球団行脚を達成した金村氏がセ・リーグの優勝候補に推すのは広島だ。

「やはりメジャー帰りの黒田博樹の加入が大きい。実力は間違いないし、チームメートへの好影響というプラスαもある。それに緒方孝市新監督のもと、キャンプでの雰囲気がガラッと変わった。野村謙二郎・前監督時代は投手がよく怒られていたので、萎縮していたところがありました。今年は黒田を含めた投手陣と、若い野手陣の競争で“赤ヘル旋風”を巻き起こすと思います。

 巨人は3連覇したとはいえ、昨年のチーム打率.257はリーグ5位。しかも大きな補強もない。キャンプを見てもマンネリ化していて緊張感に欠けていた。2位に来るのは阪神でしょう。補強には失敗したものの鳥谷敬が残留。メッセンジャー、藤浪晋太郎、能見篤史、岩田稔の4本柱に加えて、中継ぎ、抑えが揃っている投手陣はリーグ屈指です」

 中日OBである金村氏だが、中日は最下位とした。

「キャンプで目を引くものがなかった。谷繁元信監督兼選手がマスクを被っているようではダメです」

※週刊ポスト2015年3月6日号