第10試合 ライトヘビー級/5分3R
キース・ジャーディン(米国)
Def.3R終了/判定
ブランドン・ベラ(米国)

いきなり右のロングフックをヒットさせ、組みついてはテイクダウンを奪ったジャーディン。予想もしないグラウンド戦をジャーディンが、ベラに挑んだ。アームロックを狙うベラに対し、ジャーディンは必至で背中越しにクラッチして腕を預けない。

ベラがアームロックを諦めると、同時にパワーあふれるパウンドを落とすジャーディン。試合がスタンドへ戻ると、ベラの左ミドルが襲う。テイクダウン狙いのフェイントから、左フック、続いて右フックをヒットさせたジャーディンだが、ベラの左アッパーでバランスを崩す。しかし、直後にジャーディンの右フックがヒットし、ベラがダウンを喫す。パウンドを浴びるベラだが、ラウンド終了のホーンに救われた。

2R、ジャーディンは右ローをヒットさせ、多彩な攻撃でベラを幻惑する。対するベラも、サウスポーからオーソドックスとスイッチし、ジャーディンに的を絞らせない。ジャーディンの左ハイをキャッチしたベラがテイクダウンし、立ち上がろうとしたジャーディンを首相撲に捕え、ヒザ蹴りを見舞っていく。

スイッチを続けるベラ、ジャーディンは飛び込んで左ストレートを狙う。ベラは左ハイでジャーディンの出足を止めようとするが、ジャーディンも右ハイキックで対抗。再びハイを見せたベラは、飛びこんでくるジャーディンをサークリングでいなしていくと、ここで2Rが終了した。

最終ラウンド、飛びこむジャーディンにベラのローとフックがヒット。さらに左ローを放っていくベラ、ジャーディンも右ローを返していく。と、左ヒザをボディに受けたジャーディンが、ここで後退。前に前にと出てくるジャーディンのプレッシャーを、ベラがカットする展開が続く。

ローだけでなく、右ストレートでジャーディンの動きを止めようとしたベラだったが、ここでジャーディンはタックルからバックを奪う。グレコローマン・レスリングがベースのジャーディンは、バックコントロールから左フックをベラの顔面に放った。

向き合い、距離を取ることに成功したベラは、ボディへにヒザを突き上げるが、ジャーディンも右のパンチを返していく。最後の10秒、ジャーディンが、左から右という攻撃でベラを捉えたところで、試合が終了。ともに決定打を欠いた一進一退の攻防というジャッジ泣かせのファイトだったが、結果は29−28、28−29、29−28でジャーディンが判定勝ちを収めた。

試合開始早々に前蹴りでヒザをおかしな方向にひねりながらも、前進を続けたジャーディンは「ベラのキックボクシングはリデルよりも、グリフィンよりも上手かった。僕はやるべきことをやっただけ」とインタビューに答え、オクタゴンを後にした。

UFC89 全試合結果一覧へ