「南海キャンディーズ」の山里亮太

写真拡大

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(43)が13日、火曜パートナーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」(月〜木曜後1・00)に出演。妻で女優の蒼井優(35)とのランチでの失態を明かす場面があった。

 「この前、恥ずかしい」と切り出し、タイ料理店に蒼井と行った時のことを回顧。その店にはスープから始まり、最後のメインディッシュで終わるランチセットがあったそうで、それを注文。2人でスープを楽しんでいると、蒼井から「あれ?スープ空っぽじゃん!」という言葉が掛けられたという。山里が「おいしかったもん」と返すも、蒼井は「いやいやいや、このスープ、風味出すために茎とか堅い葉っぱとか、芯が残るショウガみたいのが入ってたでしょ、あれどうしたの?明らかに食べていい堅さじゃないものばっかりじゃなかった?」とびっくり。山里は「途中から木だなと思ってた食べた。これ、木だなと思ってるけど、面白いわって思いながら、ガシガシ食べた」といい、「パッと奥さんのほうをみたら、お椀の中で結構入ってるの、葉っぱとか木が…え?ってなって…」と明かした。

 蒼井は「ちょっと恥ずかしいよ、これ、食べてるなんて。嘘でしょ?」と驚いたという。「『片付けしに来る前に分けてあげるから』って。奥さんのほうにある、葉っぱと木をめっちゃ入れてもらったの。『ダメだよ』って(注意された)。『ごめんごねん…恥ずかしい』って(なった)」と苦笑した。

 その後、再び2人で会話をしながら食事をしていたところ、メインディッシュを食べたところで「気づいたらまたそれ食べちゃってたの。器に入ってるから、食べちゃって」と山里。せっかく分けてもらったものをまたも食べてしまうという失態をおかしたといい、蒼井も「どこいったあれ?」とあ然。山里が「え?木食べてた…」と白状すると、蒼井から思わず「虫なの?」と投げかけられたことを明かし、笑わせた。