橋本愛 (C)モデルプレス

写真拡大

【モデルプレス=2021/04/12】大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合、毎週日曜よる8時〜)に出演している橋本愛が、同作の見どころとして取材で大々的に語っていたシーンがお蔵入りになったとし、自身のinstagramで“懺悔”した。

【写真】橋本愛“念願の”ピンク髪に大胆イメチェン「最高に可愛い」「似合う」

橋本は11日、instagramで同日の第9回放送を告知するとともに「まさかまさかの、取材でたくさん取り上げていただいたシーンが、見事にごっそりカットされていましたので、盛大にお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。土下座。でも、仕上がり、素敵でした」とコメント。

吉沢亮演じる主人公・渋沢栄一の妻、千代を演じる橋本。取材では栄一と千代のやり取りで女性視聴者を“胸キュン”させる要素について触れ、中でも初夜のシーンでは栄一の「抱いていいか」というセリフがあることが各媒体で大きく取り上げられていた。

カットされたシーンについて具体的には明言していないものの、ファンからは「カットされたのは胸キュンシーンかな?観たかった」「そのシーンをいつか観たい」と惜しむ声が寄せられている。

橋本は「オープニングの役名が“渋沢千代”に変わっていまして、はあなんだか感動してしまいました」と劇中で“夫婦”になった実感もつづっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】