画像はイメージです

写真拡大

 3月3日に放送された日本テレビ系のバラエティ番組『それって!?実際どうなの課』のダイエット企画が物議を醸している。

 番組では、1日の食事を6食に分けて食べた際のダイエット効果を検証。「食事回数を増やす方が痩せる」「3食を6食に分けて食べると血糖値の上昇が抑えられダイエットに効果的」といううわさを確かめた。この間食ダイエットはレディー・ガガなど多くの海外セレブも実践しているという。

 近年「双子女優」として注目を集めているMIOとYAEが登場。同じ量の食事を3食分と6食分とに分け、実験することになった。

 容姿や体重、身長などがほぼ同じのMIOとYAE。効果を比較するダイエット企画にはうってつけだったが、ネットでは2人のもともとの体重が大きな話題になった。

 >>『それって!?実際どうなの課』ダイエット企画に「現実的じゃない」テーマからも外れ疑問の声<<

 女優のほかモデルとしても活躍している2人は普段から厳しく体重制限しており、姉のMIOは初日の時点で38.3キロ、妹のYAEは38.5キロ。この体重からダイエット企画を始めることになったのだ。

 MIOとYAEはともに身長152センチだが、40キロを切るその体型は明らかにやせすぎ。ネットでは「この体重でダイエット企画は危険なのでは」「そもそもやせすぎの人にダイエット企画をやらせる意図が分からない」といった批判の声が相次いだ。

 3日間の検証の結果、3食担当だったMIOは0.2キロ増、6食担当だった妹のYAEは0.3キロ減。6食に分けた方がダイエット効果が高いという結果になったが、ネットでは「そもそもの体重が低いので参考にならないのでは?」との指摘が相次いだ。

 しかし、今回のダイエットは過度な運動や食事制限をしていた訳ではなく、ごく一般的な食生活を行っていたため、体重30キロ代の女性タレントでも危険に晒されるということは無さそうである。

 また、2人は2021年1月「野菜を食べると太りずらいのか」企画に続き、同番組のダイエット検証企画に二回目の登場。前回はMIOは野菜ばかりを摂取する生活を3日間続けており、この時も特に体調などに変化はなかったようであり、今回2度目のオファーに繋がったようである。だが、「野菜」も1キロほどの微増という結果に終わっており、劇的な変化は見られなかったようだ。 もともと異常に痩せている人が行うダイエット企画ではあるため、やはり前回の「野菜」に引き続き一般的には効果があるのか、よくわからない結果となってしまった。