「英国の毒々しいメディア」とも語ったヘンリー王子(画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年12月9日付Instagram「Spotlight on: Endeavour Fund」』のスクリーンショット)

写真拡大

ヘンリー王子が米トーク番組に初出演し、王室離脱に関して「英国の毒々しいメディアの注目を浴びた」「王室からは絶対に去ることはない」などと明かした。インタビュー放送前には英国でエリザベス女王が新型コロナワクチン接種の推奨メッセージを伝えており、王室専門家達は「不条理な主張だ」「吐き気がする」など激しく非難している。

【この記事の動画を見る】

米時間25日、ヘンリー王子が人気トーク番組『The Late Late Show with James Corden』の人気企画「カープール・カラオケ」に出演、司会のジェームズ・コーデンと2階建てオープンバスに乗り、アフタヌーンティーを楽しみながらロサンゼルスの街をツアーする様子が放送された。

ジェームズから質問を受けたヘンリー王子は、王室離脱に関して「退位というより身を引いたんだ」と言い、「王室からは去っていない。これからも絶対に去ることはない」などと話した。番組ではメーガン妃もFaceTimeで参加し、お互いを「ハズ」「メグ」と呼び合っていることが明らかになった。17分間にわたる場面では、王子がラップを歌う姿も披露している。

英国ではこの数時間前にエリザベス女王が動画を公開し、国民に向けて新型コロナワクチン接種を推奨するメッセージを伝えたばかり。さらにフィリップ王配は感染症治療のため、英時間16日から入院生活を続けている。

ヘンリー王子が番組内で「英国の毒々しいメディアによる注目を浴びた」と語ったことに対し、SNSでは「泣き言を言うのは止めろ」といった非難の声が殺到した。

チャールズ皇太子とフィリップ王配の伝記の著者ロバート・ジョブソン氏は『BBC Breakfast』に出演し、「国民全体がワクチン接種をするという非常に重要な女王からのメッセージは、ヘンリー王子によって曖昧な感じにされてしまった。プライベートが欲しいという人物が、またプライベートについて語っているのです。彼は欲しいものは全て手に入れた。ロスに引っ越した。両方の良いとこ取りはできないのです」とヘンリー王子を激しく批判した。

王室専門家のフィル・ダンピア氏は「女王がビデオ通話で『自分のことより、他人のことを考えましょう』と伝えた時、ヘンリー王子はロサンゼルスで意気揚々と過ごし、王族から去っていないという不条理な主張までしているのです。彼は一体、何を考えているんでしょうか。きっと、ハリウッドのことなんでしょうね」と皮肉交じりにコメントした。

英王室に詳しいリチャード・フィッツウィリアムス氏は「この“ハズ”は何を考えているんだ。あのような番組に出て、馬鹿げたことをしている。クリスマスには、女王がアーチー君にワッフルメーカーをプレゼントしたと明かしたのです」と言い、ワッフルがイギリス英語のスラングで“くだらない話をする”という意味を持つことにたとえ、このように続けた。

「ワッフルとは彼自身がしていることそのものだ。脚本が下品ですね。17分間全体が、見ていて吐き気がする。」画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年12月9日付Instagram「Spotlight on: Endeavour Fund」』『The Late Late Show with James Corden 2021年2月26日付Twitter「Maaaaybe it’s best if we leave the whole “caffeinated beverages in automobiles” thing to Jerry Seinfeld.」』『The Royal Family 2021年2月25日付Instagram「This week, The Queen joined a video call with the four health officials leading the deployment of the COVID-19 vaccine across England, Scotland, Wales and Northern Ireland.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)