〈天におられるわたしたちの父よ、み名が聖とされますように。み国が来ますように。(略)日ごとの糧を今日もお与えください。わたしたちも人をゆるします。わたしたちを誘惑におちいらせず、悪からお救いください。アーメン〉

【写真】この記事の写真を見る(4枚)

 キリスト教を掲げる大阪の私立A中学では、朝礼にお祈りの時間が設けられている。「マタイによる福音書」に由来するこの一節は、神への感謝と誓いを表している。しかし現実には、安全であるべき学校の中に“誘惑”が忍び込んでいた。ある日のお祈りの後に、生徒たちは驚きの報告を受けることになる。


大阪府警 ©️文藝春秋

修学旅行先のホテルで…

「朝のお祈りの後、校長先生から事件に関する報告がありました。教室で先生からはSNSなどで『学校名や名前をださないように』と強い言葉で制止されました。優しくて生徒思いの"ヨウイチロー"がまさかあんなことをするなんて…」(学園の生徒)

 修学旅行中で教え子の男子生徒にわいせつな行為をしたとして、大阪府警は1月13日、元私立中学の教諭、中村洋一郎容疑者(36)を強制わいせつと傷害の容疑で逮捕した。

「中村容疑者は2019年10月、修学旅行先の長崎市内のホテルの自室で、引率した男子生徒に薬の入った飲み物を飲ませて意識障害を起こさせ、男子生徒の下半身を触るなどのわいせつ行為をした後、口止めに金券(クオカード)を渡したとみられている。帰宅した被害生徒の親が金券を見つけて事件が発覚し、被害届が提出されました」(捜査関係者)

大阪有数の進学校

 中村容疑者が教壇に立っていたA中学校は、名門進学校として知られる。

「明治時代から続くミッションスクールで中高一貫の男子校。毎年のように京大や有名私立大に複数人の生徒を送り出す進学校で、高校の野球部は甲子園で優勝したこともあります」(進学塾関係者)

 学園の広報担当者によると、中村容疑者は勤続5年で、担当教科は国語。熱血指導で生徒からも好かれており、剣道部とマジック同好会の顧問を兼任していた。

「生徒にとっては話しやすい距離の近い先生で、親しみをこめて、みんな『ヨウイチロー』って呼んでいました。不登校の子の家に通って学校に来るよう説得したり、授業中に寝ている生徒を見つけても怒らずに『先生も昔はロッカーに枕を常備するほど寝ていたけど、そこまではするなよ』って諭してくれたり。ウチの学校は学内でスマホ禁止なんですけど、バレたときも『今回だけだぞ』と内緒にしてくれました。生徒サイドにいつも立ってくれる話のわかる先生でした」(同校在校生)

 生徒の心を掴んでいた中村容疑者は、複数の生徒とLINEを交換し、自宅にも気に入った生徒を招き入れることがあったという。男子校の男子生徒と男性教師という関係性の中で、生徒側が警戒心をつい緩めてしまうという状況があったのだろうか。

逮捕のニュースを知り「やっとか…」

 生徒の性被害について知る別の在校生はこう証言する。

「ヨウイチローの趣味は、以前から一部の生徒で噂になっていた。逮捕されたことをニュースで知って、僕は『やっとか…』って正直思いました。修学旅行の子以外にも、何人かが被害にあったという話も聞きました。修学旅行で被害に遭った子は、クリっとした目が特徴の純朴そうな男の子。ヨウイチローのお気に入りは、大体そういう“かわいいジャニーズ系”。先輩たちのあいだでも彼の“かわいい子好き”は噂になっていた」

 中村容疑者の自宅は、同校から程近い家賃7万円前後のワンルームマンション。仲のいい生徒たちの"たまり場"になっており、自身も呼ばれて「家に行ったことがある」という生徒はこう語る。

「僕も先生の家に行ったことがありますが、イタズラはされてないし、2回目以降も自分の意思で遊びに行ってました。家ではゲームをさせてもらったり、アニメを観たりしていました。寿司をご馳走になった生徒もいます。バツイチだと聞いてますし、男子に興味があるとは思いませんでした」(同前)

休職後も続いていた生徒との交流

 驚くべきことに、事件が発覚して中村容疑者が休職に入ってからも、生徒たちとの交流しばらく続いていたという。中村容疑者と親しいある生徒はこう話す。

「修学旅行から2カ月後に事件が発覚して、先生は学校に来なくなりましたが、その後も何度か連絡をとっています。先生は、『何もしていない』『早く学校に戻りたい』って無実を訴えていました。報道では『薬の入った飲み物を渡した』と言われているけど、僕らには『未開封のペットボトルを渡しただけ』と言っていました。『生徒が部屋に滞在した時間はたった10分だ』とも。さすがに精神的には落ち込んでいて、体調も悪そうでした。

 学園の先生たちが言うことも信用できません。休職の理由を聞いても何も教えてくれず、『(中村容疑者の)台風で実家が大変だから』と言われました。ヨウイチローの休職から1年以上が経って、『さすがにもう逮捕はないだろう』と話していたタイミングで逮捕されたので驚きました」

昨年末に退職届を提出し、受理された

 府警は容疑者の認否を明らかにしていないが、捜査関係者によると、中村容疑者は学校の聞き取りや警察の聴取に対しても弁護士を立てて容疑を否認し、長期間の捜査となったという。捜査関係者が話す。

「逮捕までに時間がかかったのにはコロナ禍の影響もあった。何人もの生徒と1人ずつ接触し、裏づけ捜査を進めた。修学旅行の被害生徒以外にも被害を申し出る生徒が複数いて、余罪もでてくるだろう、確固たる証拠も存在する」

 学校側は中村を懲戒解雇をする手筈だったが、それを悟ったのか中村容疑者は昨年末、退職届を提出し受理されたという

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))