東京・渋谷区のバス停で女性殴られ死亡 近所に住む男を逮捕

写真拡大

東京・渋谷区のバス停で、女性が男に殴られ死亡した事件で、近所に住む46歳の男が、警視庁に逮捕された。

傷害致死の疑いで逮捕された吉田和人容疑者(46)は、11月16日午前4時ごろ、渋谷区幡ヶ谷のバス停で、路上生活をしていた大林三佐子さん(64)をペットボトルが入った袋で殴り、死亡させた疑いが持たれている。

吉田容疑者は、母親に付き添われ、21日午前3時ごろ、警視庁・笹塚交番に出頭した。

近所に住む人は、「クレーマーの方なんです。(アンテナ設置などで)景観が変わるのが、すごくストレス感じるみたいで」、「ピンポン来て、1回うちの中に入ってきて」などと話した。

吉田容疑者は、事件前に何度か大林さんを見たことがあるなどと話しているほか、動機については、「痛い思いをさせれば、あの場所からいなくなると思った」と供述しているという。