被告の無罪主張で「上級国民」叩き再燃 人々が過熱する歪な構造

ざっくり言うと

  • 池袋暴走事故の被告が初公判で無罪を主張した件について、筆者が述べている
  • 被告は「上級国民」として批判されてきたが、人々の怒りが再燃したと指摘
  • 「正直者が馬鹿を見る」時代の中、「私刑」が過熱する歪な構造があるとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x