子供向け人気特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」(テレビ朝日系)の主演をつとめる若手俳優・内藤秀一郎(24)が人気ユーチューバー・かす(23)と交際していることが「文春オンライン」特集班の取材でわかった。取材班は8月以降、内藤が、かすが住む都内高級マンションに通い、宿泊して出てくる姿を幾度となく確認している。

【画像】内藤秀一郎、かすの写真を全て見る(56枚)


交際していることがわかった内藤秀一郎とかす Ⓒ文藝春秋 撮影・細田忠

佐藤健、福士蒼汰、菅田将暉、竹内涼真らを輩出

「内藤はファッション誌『street Jack』の元専属モデルで、2017年にAbemaTVのリアリティーショー『真夏のオオカミくんには騙されない』に出演したことをきっかけに舞台やCM、ドラマなどに出演している、売り出し中の若手俳優です。仮面ライダー俳優といえば、これまで佐藤健、福士蒼汰、菅田将暉、竹内涼真など数多くの人気俳優を輩出してきた、いわばスターの登竜門。内藤も今回4度目の挑戦となった仮面ライダーオーディションで、見事大役をつかみ取りました」(芸能デスク)

 9月6日より放送がスタートした令和仮面ライダーの第2弾、「仮面ライダーセイバー」で、内藤が演じる神山飛羽真の職業は“小説家兼書店の店主”という、いままでのライダーとはひと味違った「文科系」の設定。キャッチコピーは「文豪にして剣豪」で、剣を振るって閉塞感が支配する世界を救うヒーローだ。

「本の世界を舞台に、物語は進んでいくんですが、作中には『ジャックと豆の木』や『アリとキリギリス』などの童話も盛り込まれている。CGをフルに使っているのも今期ならではの特徴です。このコロナ禍の中、スタッフや役者たちの“密”をなるべく防ぎ、感染症対策を徹底しながら、なんとか制作を進めています」(テレビ朝日関係者)

コロナ禍で「大コケが許されない」期待作

 ドラマの撮影は、おもに練馬区の大泉学園駅付近にある「東映スタジオ」で行われている。東映といえば「戦隊モノ」特撮ドラマの最新作「魔進戦隊キラメイジャー」(テレ朝系)のキラメイレッド役の小宮璃央(17)が今年3月、新型コロナウイルスに感染したことも記憶に新しい。

「緊急事態宣言による外出自粛要請や自粛が続いたことにより、GWや夏休みといった書き入れ時に、ヒーローや戦隊モノの玩具がほとんど売れず、ドラマのスポンサーである玩具メーカーは今とてもピリピリしています。これから迎えるクリスマス商戦に向けて、ライダー商品は何としても売っていきたいというのが彼らの本音です。今期の作品は10体以上のライダーが登場するのですが、複数のライダーが活躍する作品は通例だとヒット間違いなしの “必勝パターン”。スポンサーからの期待も高い。だからこそ大コケは許されない。出演する役者たちも作品に集中するよう事務所から言われています。大泉学園付近にマンションを借りる出演者も多く、連日朝早くから夜遅くまで撮影に臨んでいます」(前出・芸能デスク)

 内藤も、これまで住んでいた都内のマンションを離れ、スタジオ付近で寮生活を送っている。

「ただ、素顔の内藤は、文科系とは程遠いまさに肉食系男子。渋谷や三軒茶屋のバーなどで頻繁に目撃されており、交友関係も派手だった。ライダーが決まってからは自粛をするよう事務所から随分言われていたようです」(内藤の知人)

出会いはユーチューバーの飲み会 

 肉食系の血が騒ぐのだろうか、撮影が早くおわった日やオフの日は仲間の仮面ライダー俳優と共に繁華街に買い物に繰り出した後、パチンコ、スロットに出動。タバコをスパスパと吸い続ける様子も見られた。

 少し羽を伸ばしていたそんな日の夜、内藤が決まって向かうのは、渋谷区内にある、かすが住む高級マンションだ。

「かすちゃんは登録者数100万人を超える人気ユーチューバーで、若者のカリスマ的存在です。ダンス動画やメイク動画の人気が高く、美人すぎるユーチューバーとも言われています。内藤くんとかすちゃんとは、もともとは、あるユーチューバーの飲み会で知り合い、1年以上前から交際しています。

おそろいの帽子で“匂わせ行為”も

 今でこそ警戒して外でのデートは控えていますが、内藤くんがライダーに決まるまでは、頻繁に2人で出歩きファンにも目撃されている。2人のSNSでは、おそろいの黒い帽子をそれぞれ被り、同タイミングで書き込みをアップする“匂わせ行為”も見られました。また内藤くんのLINEのアイコンがかすちゃんの飼っている猫の写真だった時もあります」(同前)

 取材班は内藤がかすのマンションの部屋へ入った後、かすの鍵を持ち、服を着替えて再び出てきて、近所のコンビニへ買い出しに行く内藤の姿も確認している。

「翌日の朝に撮影が控えている日でも、内藤は終電を過ぎた後でもかすちゃんの家に残ることが多々あります。深夜や明け方タクシーで寮に帰るのですが、彼女の家から大泉学園までは料金が1万5千円以上かかってしまう。駆け出しの役者の給料ではとても払えない額ですけど、かすちゃんが代わりに払ってあげているそうです」(同前)

 のちにスターに“変身”することになる俳優を次々育ててきた「仮面ライダーシリーズ」。新ライダー役の若手俳優を支える恋の相手がユーチューバーというのも、令和ならでは、といえるのではないか。

 現在、内藤はマネジャーと東映スタジオ付近にある寮で暮らしている。9月17日、買い物をするため寮を出てきた内藤を、帰りがけに直撃し、話を聞いた。

--「文春オンライン」です。仮面ライダーセイバーの内藤さんですか?

「すいません、一本電話かけてもよろしいですか」

 記者の直撃に対して内藤は同居する事務所マネジャーに報告。マネジャーの到着を待ちながらも、以下のようなやりとりが続いた。

「そうですね。ていうかお友達っていうか……」

 --ユーチューバーの、かすさんと交際されていませんか?

「交際はしてないです」

--してないんですか?

「交際……てか知らないです僕」

--ユーチューバーのかすさんを本当に知らない?

「……それはもちろん僕、面識あるんですけど」

--お友達?

「そうですね。ていうかお友達っていうか……まあ普通の友達なので」

--お揃いの帽子をかぶったりして、同じ時間にSNSを投稿されている。

「これ、(ライダー仲間も)持っていますよ。SNSも見ないので」

--ライダーという職業柄なかなか(公表するのは)難しいと思いますが。

「お友達ではある。もともと結構昔から何人かでよく遊んだりもしていたので……マネジャーが来てから話していいでしょうか」

 それから待つこと数分、雑談をしながらマネジャーを待っていると、内藤は突然、記者にこう告げた。

事務所は「プライベートのことは本人に任せております」

「(マネジャー)全然こないよー、おしっこしたい。ちょっとトイレ行ってきてもいいですか?」

--もちろんです、(記者は)お待ちしていればいいですか?

「はい」

 トイレを理由に寮に戻った内藤だが、再び記者の前に現れることはなかった。10分後、内藤のマネジャーが現場に現れ改めて取材を申し込むと、後日、事務所は内藤がかすの自宅に通っていたことを認めた上で、こう回答した。

「仲の良い友人のひとりと聞いてます。プライベートのことは本人に任せております」

 かすのSNSに事実確認の連絡をとったが、期日までに回答はなかった。

 9月21日(月)21時から放送の「文春オンラインTV」では、担当記者が本件について詳しく解説する。

【直撃動画】新仮面ライダー俳優・内藤秀一郎と“美人すぎるユーチューバー”熱愛お泊まり撮 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))