性同一性障害のタクシー運転手 化粧理由に乗務禁止は不当と訴え

ざっくり言うと

  • 性同一性障害のタクシー運転手が勤務先への仮処分を大阪地裁に申し立てた
  • 性自認は女性と伝えていたが化粧を理由に乗務を禁じられ、不当だと主張
  • 賃金の支払いを求め、地裁は会社に月18万円の支払いを命じる決定を下した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x