松屋がお弁当用レジ袋を無料提供できるバイオマスプラスチックに変更し無料提供を継続

写真拡大 (全3枚)

松屋フーズは、 2020年7月1日(水)から始まったプラスチック製買物用レジ袋の有料化制度の実施に伴い、植物原料由来の環境に配慮したバイオマスプラスチックレジ袋を導入し、全国の松屋フーズグループの店舗にて引き続き無料提供を継続する。

■コロナ禍で世界的にはレジ袋無料化の流れ
近年松屋フーズでは、お弁当用レジ袋は石油由来を原料とした袋を使用していたが、環境に配慮し、 2019年9月より植物原料由来のバイオマスプラスチック配合のレジ袋へ切替えを開始した。現在、全国の松屋フーズグループ1,197店舗(2020年6月末)にて導入が完了しているとのこと。このレジ袋は、サトウキビから砂糖生産時にできる副生成物「廃糖蜜」を主な原料としており、配合比25%を採用している。

コロナ禍により、世界的な潮流は、不衛生なマイバッグ(エコバッグ)によるコロナウイルス感染拡大を防ぐために有料のレジ袋を無料化する動きへと変化してきている。コロナ感染者がマイバッグを持ち込むことで店内感染者を増やしてしまう可能性は否定できない。

2020年7月1日(水)からのプラスチック製買物袋の有料化制度において、バイオマスの配合率25%以上のレジ袋は、製品を焼却処分する際に排出されるCO2総量を変えない素材であり、地球温暖化対策に寄与することから有料化の対象外となり、袋代金は無償となる。不正性なエコバックを使われることによるコロナ感染拡大も防止できつつ、地球にも優しい今回の対応は、非常にありがたいと言える。

■ニュースリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・フルラッピングトレインの「彩色兼備」といっしょに沿線をめぐる「秩父鉄道沿線グルメ旅 シールラリー」を開催
・タカラトミーより7月1日に営業運転を開始する新型新幹線「N700S」のプラレール版「かっこいいがいっぱい!新幹線N700S 立体レイアウトセット」
・京商エッグからエアロパーツ装着でカッコよくカスタムを楽しめる!R/C 1/16 ザ・軽トラ「スバルサンバー」発売
・サンワサプライからゲーミングチェアとの一体感抜群なゲーミングチェアマット「100-MAT018」が登場
・もう遊べないとあきらめていた伝説のエレメカが令和になって復活!バンナムのアーケードゲーム「ワニワニパニックR」華麗に復活!

【黒胡麻焙煎七味1袋おまけ】松屋牛めしの具(プレミアム仕様)10個 【冷凍】松屋フーズ
【黒胡麻焙煎七味1袋おまけ】松屋牛めしの具(プレミアム仕様)20個 【冷凍】松屋フーズ
【松屋】ロースかつカレー10食セット(三元豚ロースかつ×10 オリジナルカレー×10)(冷凍食品)松屋