来年にも『ドクターX』の新シリーズが?

写真拡大

「『ドクターX』に出ないなんて一言も言っていません。しかも今月、関係するドラマの撮影もありますから」

【別写真】ミニスカ姿で脚を組む米倉涼子の姿を撮影!

 語気を強めて語るのは、この3月末で30年近く所属した芸能事務所から独立した米倉涼子(44才)を深く知る芸能関係者だ。

 先日、米倉がこの秋に予定されていた『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)を降板したと一部で報じられた。

 2012年にスタートした『ドクターX』は大ヒットし、シリーズ化に昇格。以来、毎年のように放送され、2016年の『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』を挟み、6シーズンにわたって大門を演じ続けてきた。一方で、米倉は長年同じ役をやることでイメージが定着してしまうことを懸念していた。それが降板理由の1つだと指摘された。

「確かに今秋にテレビ朝日で主演ドラマを、という話はあったようです。ただ、新型コロナの感染リスクがある中で、米倉さんは長期のドラマ撮影ができる状態ではないと判断し、出演を断りました。そのドラマが『ドクターX』かどうかは未定だったと聞いています」(前出・芸能関係者)

 各局のドラマの撮影状況を見ると、現状は厳しい。あるテレビ局が打ち出した撮影マニュアルによれば、出演者は本番以外はフェースガードを着用し、大所帯のエキストラを使う撮影は禁止、食事は1人で摂るなど細かいルールが設けられた。

 しかも、リアルな手術シーンに定評のある『ドクターX』のような医療ドラマは、医療施設での撮影が必須。だが現在、院内感染のリスクもあり、撮影のハードルは高い。米倉も例年通りにはいかないと思っていた。だからといって「降板」は考えていないという。

「大門未知子は米倉さんにとっても重要な役だし、何より『ドクターX』には人一倍の愛着がある。このままフェードアウトすることはなく、完結編が作られることになるはずです。ちょうど今月には『ドクターY』という単発のスピンオフ作品の撮影があり、そこで久しぶりに共演者とも会います。テレ朝との話し合いは今月中のようですが、早ければ来年にでも『ドクターX』の新シリーズが見られるでしょう」(前出・芸能関係者)

 大門は外科医だが、新シリーズではウイルスと対峙する姿が描かれるかもしれない。

※女性セブン2020年6月18日号