<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全6枚)

最先端の空間コンピューティング技術と5Gの持つ高速・大容量・低遅延といった特長を融合し、XRサービスの創出と市場の拡大をめざす。

NTTドコモ(以下、ドコモ)は2020年5月以降、「Magic Leap 1(マジックリープワン)」を日本で初めて発売することを発表した。(冒頭の画像はMagic Leap 1公式サイトより引用)


また、Magic Leap 1の体験コンテンツとしてゴジラのXRコンテンツが用意されるという。キングギドラとの対決も繰り広げられるようだ。


■「Magic Leap 1」特徴:
・空間コンピューティングを利用した軽量かつ広視野角なウェアラブルヘッドセット
・高精度な空間認識機能
・これまでにない臨場感あるインタラクティブな体験が可能

自宅のリビングでゲームコンテンツを利用した場合、リビングとゲームの世界を融合することができるため、実際のリビングの壁からキャラクターが出てきたり、テーブルの上にキャラクターを置いて歩かせることができるなど、これまでにない臨場感あるインタラクティブな体験ができる。

ドコモは「Magic Leap 1」を展示するドコモショップを、2020年3月末から全国102店舗に順次拡大する。また、「Magic Leap 1」に同梱されているコントローラー、ACチャージャー&ケーブル、ショルダーストラップ、Fit Kitはアクセサリーとして個別購入可能。

(山田 航也)