<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全2枚)

BMWの音声アシスタントに「フォルクスワーゲンについてどう思う?」って聞いてみた。
AppleのCarPlayに「ヘイSiri、OK、Google」って聞いてみた。
株式会社イードは、同社のリサーチ事業本部が運営する「U-Site」において、座談会形式の記事「車載音声アシスタント5種比較 〜200問の問答実験を通じて見えた各社の実力〜」を掲載した。自動車業界に強いイードと、音声AIに関する知見が豊富なロボットスタートが協力し、自動車用の音声アシスタントの評価結果をもとにした座談会だ。実験は、5つの音声アシスタントに対して200問の問答実験を行い、その結果を記録・スコア化したもの。

【実験概要】:

評価対象 [評価を行う際に用いた自動車]:
MBUX [メルセデス・ベンツBクラス]
BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント [BMW3シリーズ]
LINEカーナビ [トヨタカローラツーリング]
Android Auto(※アップデート前) [フォルクスワーゲンポロ]
CarPlay [フォルクスワーゲンポロ]
実施環境:
:停車中の車両
実験方法:
:200問の質問を用意し、各音声アシスタントに話しかける。その結果を録画し、文字起こしをする。
「ナビゲーション」24問
「自動車の質問」13問
「自動車の操作」48問
「コンテンツ」59問
「話し相手」56問
実施時期:
:2019年11月6日〜7日

かなり濃厚な議論が展開されているので、興味がある人は本編をチェックしてみよう。
>:
車載音声アシスタント5種比較 〜200問の問答実験を通じて見えた各社の実力〜(ロボスタ編集部)