<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全3枚)

Radiotalk株式会社は、AI技術を活用した「インタラクティブ音声広告システム」のパイロットテストの一環として、一般リスナー参加によるCMコンテストを開催することを発表した。
コンテストでは、合計最大35秒のradiko広告作品をユーザーが収録してTwitterにハッシュタグ「#radikoトーク」をつけて投稿。最優秀作品に選ばれると、番組提供費として1ヶ月10万円(3か月合計30万円)が進呈される。

●最優秀作品はRadiotalkで配信
「インタラクティブ音声広告」は、音声広告に対するリスナーの音声での回答から広告への興味有無を識別し、興味のあるリスナーにのみ追加の広告情報を配信する、現在開発中の対話型の広告システム。


今回開催する広告コンテストは、radikoの協力のもとradiko広告作品を一般募集し、応募作品の中から最優秀作品を選出。最優秀作品を実際の「インタラクティブ音声広告」として制作し、Radiotalkで配信する。
ラジコは、今いるエリアで放送しているラジオ局をパソコンやスマートフォンで聴くことのできるサービス。タイムフリー機能で過去1週間以内に放送された番組を後から聴くことのでき、ラジコプレミアム会員になると、エリアフリーで日本全国のラジオ局が聴き放題になる。
広告の作品例としては、「全国のラジオ局が聞けるアプリがあるんだけど興味あるよね?」という問いに対し、ユーザーがYESと答えると、「(YESと答えた人のみが聞ける)だよね!ラジコってアプリなんだけど、放送エリア内の番組だと無料で、全国のラジオも月額350円(税別)で聞けるらしいよ!これは絶対ダウンロードしないとだね!」という広告が流れる。

[video width="735" height="400" mp4="https://robotstart.info/wp-content/uploads/2020/01/instreamatic-demo-yes.mp4"][/video]Radiotalk公式サイトから引用

トーク形式:
トークの中に、以下3つのポイントを盛り込んで配信する。(合計最大35秒)
 radiko」の簡単な紹介(最大10秒)
必ず最後に「というアプリなんだけど、みんな興味あるよね?」「もう少し詳しい説明ききたい?」など、リスナーがCMの続きを聴くかどうかを「YES」か「NO」で答えられる質問をする。(最大5秒)
△亮遡笋紡个靴董惷縮がある』『YES』などと答えた人にのみ流れる追加CM(最大20秒)
【例】
 崛換颪離薀献局が聞けるアプリがあるんだけど興味あるよね?」
◆屐YESと答えた人のみが聞ける)だよね!ラジコってアプリなんだけど、放送エリア内の番組だと無料で、全国のラジオも月額350円税別で聞けるらしいよ!これは絶対ダウンロードしないとだね!」

事務局による審査により、見事グランプリに輝いたユーザーには、Radiotalkでの番組提供費30万円が進呈される。radiko広告作品の募集期間は2020年1月6日〜2月2日(日)まで。
応募方法は以下の通り。

■応募方法:

1.アプリ「Radiotalk(ラジオトーク)」をダウンロード。
2.黄色いマイクボタンから広告企画の作成・収録を行い、1分以内に、トークをする。
3.収録完了後、トークの内容詳細部分にハッシュタグ「#radikoトーク」をつけて配信。(「ハッシュタグ」と書かれているボタンをタップすると、候補として上の方に出てくる)
4. Twitterに、ハッシュタグ「#radikoトーク」をつけてシェアすると応募完了。

受賞作品の発表は、2020年2月下旬。グランプリに輝いたユーザーは、TwitterのDMにて連絡される。
同社は「最優秀作品を実際の「インタラクティブ音声広告」として制作し、Radiotalkで広告配信することで、より多くの方々に新たな音声広告を体験していただくとともに、企業によるRadiotalkユーザーへのスポンサードを促進してまいります」としている。

●「インタラクティブ音声広告システム」とは?
AI技術を活用した音声解析技術により、聴取者の音声回答から広告への興味有無を識別し、興味のある聴取者にのみ追加の広告情報を配信するシステム。米国の音声広告テクノロジー企業Instreamatic社から提供され、博報堂DYメディアパートナーズが開発を進めている。


元来の音声広告は、聴取者へ一方的に情報を届けることしかできず、聴取者のレスポンス計測ができなかった。インタラクティブ音声広告システムは、キャンペーンの掲載結果をリアルタイムで測定することができるため、ブランディングキャンペーンに加え、成果に基づくダイレクトマーケティングのニーズを取り込む新たな機会が生まれるという。
また、音声認識技術や、スマートスピーカーやコネクテッドカーなどのIoTデバイスが今後ますます普及することにより、音声入出力をベースとしたサービスが大幅に増加することが予想されるが、スクリーンやボタンにタッチする必要がなく、音声のみでインタラクティビティを実現できるため、さまざまなデバイスやサービスに導入できる可能性があるという。 

(山田 航也)