吉岡里帆

写真拡大

 12年ぶりの復活が話題となった「時効警察はじめました」(テレビ朝日)。深夜枠にも拘わらず、オダギリジョー(43)や麻生久美子(41)ら相変わらずのメンバーで、今回も安定した人気を保っている。唯一の変化と言ってもいいのが、ニューヒロインとして加入した吉岡里帆(26)だ。番組スタート時、彼女の力一杯の演技に「浮いてる」との評価もあったが、時間が経てば、意外や意外……。

 ***

【写真】美デコルテを見せた黒ドレス姿の吉岡里帆が色っぽい

 11月22日の第6話では、三日月(麻生)と彩雲(吉岡)はプロレスジムの一般練習生として潜入捜査を行った。2人は3本勝負を行うことになるのだが、そのシーンがやけに本気で、「うおおー!」と雄叫びを上げながら卍固めを繰り出すなど、女優同士とは思えぬ戦いは、SNSでも絶賛された。

吉岡里帆

〈吉岡里帆のキレ具合が最高〉

〈彩雲刑事、吹っ切れ過ぎてて面白い〉

「時効警察」の魅力とは、出演俳優たちのユルい演技ではなかったか。民放プロデューサーは言う。

「当初、オダジョーや麻生、豊原功補(54)、ふせえり(57)、江口のりこ(39)らの変わらぬ出演陣に、吉岡が加わったことには驚きました。レギュラーメンバーの中で、吉岡だけが張り切りすぎて、空回りしているようにも感じましたが、見慣れてくるといいスパイスになっていると思いますよ。何より、可愛いですからね」

 確かに可愛い吉岡だが、これは男性たちの評価だ。なぜか彼女、これまで女性視聴者、つまり同性ウケが悪かった。

「ああ見えて、意外に苦労人なんです。生まれも育ちも京都で、地元の大学に通いながらアルバイトでお金を貯めて東京の俳優養成所に通っていたとか、現在の所属事務所の社長に『ここの看板女優になるから、お願いだから私を今すぐここの事務所に入れてください』と直談判して入れてもらったとか、下積みも長かった。15年の朝ドラ『あさが来た』で注目されるのですが、ブレイクしたのは17年1月期に放送された『カルテット』(TBS、主演:松たか子[42])での、悪女役でした。コンフィデンスアワード・ドラマ賞などを受賞し、同年7月期の『ごめん、愛してる』(TBS、主演:長瀬智也[41])では純粋で愛情深いヒロインを演じて、演技の幅の広さを見せつけた。この頃からCMにも引っ張りだことなり、オリコンの『2017 ブレイク女優ランキング』では1位を獲得するまでになりました。ちょうどこの頃、インタビューも多くこなし、過去の苦労話などを語りましたが、女性はこれが、あざとい、鼻につく、と嫌われたようなんです」(同・民放プロデューサー)

主演2作で大失敗

 18年1月期には、満を持して「きみが心に棲みついた」(TBS)で主役の座を射止めるが、これが平均視聴率7・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)、全話1桁という結果に。さらに7月期の主演第2弾「健康で文化的な最低限度の生活」(関西テレ/フジテレビ)では、平均5・8%という記録的大コケ……。

「この主演2本で“視聴率とれない女優”のレッテルを貼られた。連ドラ出演を1年以上続けて、ようやく回ってきたのがコメディドラマでもある『時効警察』の3番手でした。実績のあるドラマとはいえ、3番手に甘んじて再出発を図ったのは賢明だったと思います。主役にこだわりすぎて仕事が来なくなるよりも、コメディの脇でもいいとGOサインを出した事務所も偉いと思います。なんだか、かつての本田翼(27)を思い出しました」(同・民放プロデューサー)

 モデルからスタートした本田と、最初から役者志望の吉岡に、共通点があるのだろうか。

「本田はモデルを続けながら、ドラマに出たり、笑福亭鶴瓶さん(67)の『AーStudio』(TBS)のアシスタントを務めるなど、活動の幅を広める中で勝ち取ったのが、15年7月の月9『恋仲』(フジ、主演:福士蒼汰[26])のヒロインでした。しかし、これが平均10・8%と中コケに。その後、やはり1年以上空けてから出演したのが『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ、平均視聴率12・4%)の、石原さとみ(32)の後輩役でした。さらに1年後には『奥様は、取り扱い注意』(日テレ、平均視聴率12・7%)で綾瀬はるか(34)のご近所友達で広末涼子(39)に続く存在、つまりナンバー3として登場しています。彼女はこうした立ち位置で、のびのびと演技することで、再び注目されるようになり、やっぱり可愛いと、復活を遂げたのです」(同・民放プロデューサー)

 脇に回っても、生き生きとした芝居ができるかが勝負のようだ。

「吉岡の吹っ切れた演技を指導したのは、演出家で映画監督の“コメディの奇才”福田雄一さん(51)だそうです。彼が脚本、監督を担当し、15年に公開された映画『明烏』(主演・菅田将暉[26])にオーディションで彼女が選ばれるが、そのとき『お前はとにかく中途半端にブスだし、中途半端な年齢だし、色々中途半端だから、死ぬ気で芝居しろ』と言われて、振り切って挑むことにしたそうです」(同・民放プロデューサー)

「時効警察はじめました」では、福田は第2話で脚本を務めている。彩雲がはじける脚本をもう1話くらい、書いてくれてもいいのに……可愛いから。

週刊新潮WEB取材班

2019年12月3日 掲載