<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全7枚)

「エンジニアをヒーローに」というコンセプトのもとに、最新の工学技術・ゲーム性・エンターテイメント性が1つになった、次世代ロボットコンテスト【RoboMaster】は、ドローン大手のDJIが中国深セン市で主催する世界最大級のエンターテイメントロボットバトル大会で、ロボティクスやメカトロニクス、サイエンスを学ぶ学生エンジニア(主に大学生)達が世界中から参加し、チーム単位で競い合うものだ。
8月3日から11日までの大会期間中、試合の模様はニコニコ生放送で配信されており、現地中継レポーターとしてタレント兼ソフトウェアエンジニアの池澤あやかさんが出演している。

ニコニコ生放送配信URL:
https://ch.nicovideo.jp/robomaster


▼ 大会スケジュール:

・開催期間
2019年8月3-511日

・国際予選
2019年8月3-5日

・世界大会決勝戦
2019年8月6-11日

・チャンピオン争奪戦
8月11日 14:00-17:00

・決勝戦場所
深圳市宝安区新湖路2112号宝安体育館

●日本代表 FUKUOKA NIWAKAチーム
若手エンジニアの間で人気を博すとともに、そのゲーム性に加えて、会場での音響など臨場感あふれる演出により、誰もが楽しめる同コンテストには、ロボティクス先進国である中国を中心に世界各国の大学・学生技術者が7,000人位上、全177チームが参加しており、日本からも、ニワカソフト株式会社が活動をサポートするFUKUOKA NIWAKAチームが二年連続で出場。
複数の学校の連合で、登録大学名は「福岡連合大学(FUKUOKA UNION UNIVERSITY = FUU」となっている同チームの昨年の成績は初出場ながらベスト16。「今年こそは優勝を!」と燃えている同チームの予選結果は……

▼大会のスケジュールや基本的なルール、チームのロボットオペレーター(操縦者)を紹介:

[FUKUOKA NIWAKA配信特設ページ]:
http://projectrm.niwakasoft.jp/robomaster2019-live


■【動画】RoboMaster2019公式サイト ドキュメンタリー第1話 福岡 日本:

【RoboMaster2019】FUKUOKA NIWAKA結果報告(公式サイトより):
http://projectrm.niwakasoft.jp/2019/08/05/robomaster2019-fukuoka-niwaka/

●FUKUOKA NIWAKAのロボット
競技を勝ち抜くための性能はもちろん、耐久性やメンテナンス性も備えた上で、デザインにもかなりこだわってパワーアップした同チームのロボットは必見。ロボットの側面には、クラウドファンディングでの支援企業のロゴも掲載されている。

攻撃の要「ヒーローロボット」

サポート役として重要な「エンジニアロボット」

エンジニアロボット・歩兵ロボット・ドローンはRoboMaster2019のデザイン賞を獲得。

団体賞も受賞した。

(ロボスタ編集部)