『ポラロイド』ポスタービジュアル ©2019 DPC SUB 1A1, LLC

写真拡大

映画『ポラロイド』が7月19日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷のシネクイントほか全国で順次公開される。

【動画と大きな画像を見る】

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』をプロデュースしたロイ・リーが製作を務める同作は、同日7月19日に公開されるリブート版『チャイルド・プレイ』のラース・クレヴバーグ監督が2015年に発表し、スペインの『トレモリノスファンタスティック映画祭』最優秀ショートホラーフィルム賞を受賞した15分のショートフィルム『POLAROID』のセルフリメイク作品。SNS世代の高校生バードたちはシャッターを押せば写真が出てくる年代モノのポラロイドカメラに夢中になるが、撮影された友人が次々と悲惨な死を遂げていくというあらすじだ。

出演者はバード役を演じるキャスリン・プレスコットに加えて、グレイス・ザブリスキー、タイラー・ヤング、サマンサ・ローガンら。今回の発表とあわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。ポスタービジュアルには「このカメラで撮れば、最高の瞬間が最期の1枚になる」というキャッチコピーが使用されている。