<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全4枚)

全日本空輸株式会社(ANA)とパナソニック株式会社は、超高齢社会において、シニア世代の旅行の移動をサポートするパーソナルモビリティの実証実験を行なうことを発表した。

パナソニックがWHILL株式会社と共同開発しているパーソナルモビリティを用いて、成田空港において乗り継ぎするお客を対象に行なう。

先頭の一台の車いすを係員が操作し、シニア世代が乗り込んだ他の車いすが自動追従する。この機能を活用したサービスの実用化の可能性の検証をするものだ。

パナソニック製のパーソナルモビリティは「快適な乗り心地」と障害物を検知するなどの「安全性」の機能を有し、利用者に新しい移動体験を提供するもの。今回の実証実験を通じて、ANAは移動に不安があるお客の旅行の負担を軽減し、より多くの方が快適で安全なご旅行ができるようにサポートする新しいサービスの検討を行うとともに、今回検証するパナソニック製パーソナルモビリティについて、他の用途での活用も含めた検討を行っていく。

また、パナソニックは最新技術の開発・導入に積極的に取り組み、これまでにない移動体験を実現する次世代のパーソナルモビリティの開発を行っていく。

パーソナルモビリティの最大積載量は100kg。最大速度は時速4km。人が歩くスピードが時速3.2km〜時速4.8kmと言われているため、移動速度は同程度か少しゆっくりとしたスピードになるようだ。

(ロボスタ編集部)