<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全2枚)

2019年5月9日、SONOSが2019年Q2決算発表の株主向けレターの中でSONOSデバイスのアップデートについて新たな情報を発表した。

SONOSデバイスでGoogle Assistantの利用が来週から米国で利用可能になるというものだ。今年の初めに予告されていたのだが、そこから数ヶ月遅れての対応となった。

対応するデバイスはSonos OneとSonos Beamの2機種。どちらもソフトウェアアップデートでAmazon Alexaに加えて、Google Assistantが選択できるようになる。1つのスマートスピーカーを購入して、複数の音声アシスタントを選択できるのは業界初の試みだという。

今後数ヶ月で米国以外にも展開される予定だ。日本のSONOS Oneも早期に対応されることを期待したい。

Source:SONOS

(中橋 義博)