<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全3枚)

2019年3月28日、アメリカでAlexa for Business Blueprintsが発表された。

Alexa Skill Blueprintsは日本でも開始されたばかりの新サービスで、テンプレートの手順に従い空欄を埋めるだけで、簡単に自分だけのAlexaスキルを作成できるというもの。基本的に家族向け・個人向けに用意されたものだったのだが、今回「for Business」として企業でも使えるサービスになったというわけだ。

米国のAlexa Skill BlueprintsのWEBサイトの下の方に「Business」カテゴリが新設されており、そこに「Business Q&A」と「Onboard Guide」という2つのテンプレートが用意された。

「Business Q&A」は、自分の組織やビジネスに関連する独自の質問に回答してくれるスキルのテンプレートだ。例えば「Alexa、オフィスヘルパーを開いて」でスキルを起動し「ソーシャルメディアキャンペーンの担当者は誰?」と質問すると「マーケティング担当者はマリーさんです。」といった回答が得られるスキルだ。

「Onboard Guide」は、新入社員が組織の情報を把握するのに役立つスキルのテンプレートだ。例えば「Alexa、チームガイドを開いて」でスキルを起動。「チームガイドへようこそ。何を知りたいですか?」と聞かれる。「どうやって郵便を遅れバイですか?」と聞くと、「A棟2階のビジネスセンターで取り扱います。平日は午前11時から午後1時まで対応しています。」といった回答が得られる。

もちろん「Business」カテゴリ以外のテンプレートを使うことも可能だ。

社内情報に対応したビジネス向けのスキルは社外の人が使うのは問題がある。そこでプライベートスキルと呼ぶ組織内だけでスキルを展開することができるのAlexa for Businessの機能を組み合わせて利用する形となる。

基本的な流れは、Blueprintsのサイトに行って、テンプレートを選んでカスタムしてスキルを作る。会社宛にスキルをサブミットすると、社内のIT管理者がレビュー。問題なければ社内のみで使えるプライベートスキルとして公開される。

コードを1行も書かずにスキルを作れるBlueprintsの手軽さと、プライベートスキルの組み合わせは、社内のAlexa導入を劇的に広げるだろう。「ゲストWi-Fiパスワードとは何ですか?」、「トイレは何階にありますか?」など・・・Alexaで対応できそうなことはいくらでもあるのだから。

Source:Alexa for Business - Blueprints

(中橋 義博)