長野ヘリ墜落、機長が居眠りの可能性 海外旅行で生活リズム乱れ?

ざっくり言うと

  • 2017年3月、長野県でヘリコプターが墜落して搭乗員9人が死亡した事故
  • 機長は同年2月に10日間のフィンランド旅行をしていたという
  • 「時差ボケ」や疲労で短時間の居眠りをした可能性が指摘されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x