語り継がれる人事異動がある

写真拡大

 6月11日、日本大学教職員組合は会見を開き、田中英壽理事長ら幹部の辞任を求めた。賛同者752人のうち「匿名」が456人──。経営陣の刷新を求める教職員組合が明らかにした、「要求書」への署名の内訳だ。会見で記者に配布された資料には、辞任要求に賛同したメンバーについて、わざわざこんな注記があった。

〈報復人事の恐れがあるので、大学の非常勤講師・助教・助手・職員や高校教員などに関しては(中略)すべて公開「不可」扱いといたします〉

「報復人事」とはただならぬ表現だ。実際に、日本大学関係者の間で語り継がれる凄まじい“人事異動”がある。

「田中英壽理事長がナンバー2の常務理事として実権を掌握するのが2005年。その時に大学経営の主導権を巡り敗れたライバルの常務理事は、東京・九段南にある本部2階の窓のない資料庫の整理係に異動になり、最後は東京・稲城にある総合グラウンドの守衛に追いやられた。肩書きだけは『総務部付部長待遇』となっていたが、実態は左遷ですよ」(元理事)

 常務理事まで務めた人物を現業職に置く人事は当時、教職員らに衝撃を与えたという。

 トップ人事だけではない。今年4月、アメフト部の悪質タックル問題が起きる1か月前の“日大アメフト村”でも、異例の人事異動があった。日大関係者はこういう。

「都内にある日大の付属高校でアメフト部を2度の日本一に導いた名物体育教師が突如、アメフト部のない地方の付属高に異動になりました。

 今年春の関東大会でもベスト4の結果を残し、実績は申し分なかっただけに、大学の人事部長でもあった内田正人・前アメフト部監督と折り合いが悪かったことが一因ではないか、とみられている」

 日大企画広報部は「報復人事はありません。常に人事は公平を期しております」と答えるが、現役生だけで10万人を超える巨大組織の日大グループでは“異動先”には事欠かない。北は北海道から南は九州まで、全国にキャンパスがあるからだ。

「数年前、田中理事長のやり方に批判的な学部長がいたのですが、その学部長を支える東京勤務の事務職員が突然、福島県郡山市の工学部に異動になった。いくら田中理事長でも学部長には直接は手を出せず、その代わりに職員が異動になったと見られています」(元大学職員)

※週刊ポスト2018年7月6日号