Windows 10アップデート直前の最終確認「DVD再生ソフトやフロッピー対応がなくなる?空き容量は大丈夫?」

写真拡大 (全5枚)

いよいよWindows 10のリリースが直前に迫ってきた。Windows 7/8.1ユーザーは、7月29日から1年間、無償でWindows 10にアップグレードできる。

すぐにでもアップグレードしたいユーザーは多いと思うが、やはりOSのアップグレードは怖い。

そこで、アップグレード前にチェックしたいポイントをまとめたので、ぜひ目を通して、慎重に作業してほしい。

●チェック1:Windows 10にアップグレードできるシステム要件
まずは、Windows 10にアップグレードできるシステム要件をチェックしよう。
対応しているOSはWindows 7 Service Pack 1 (SP1) またはWindows 8.1 Updateだ。

それ以外で注意したいのは、ハードディスクの空き容量だ。
32ビット版は16GB、64ビット版は20GB以上の空きが必要になる。
SSD搭載などの容量の小さい端末だと、ここがネックになる可能性があるので注意したい。

<OS>
Windows 7 Service Pack 1 (SP1) またはWindows 8.1 Update

<CPU>
1GHz 以上のプロセッサ

<メモリ>
32ビット版は1GB、64ビット版では2GB

<ハードディスクの空き容量>
32ビット版OSは16GB、64ビット版OSは20GB

<グラフィックスカード>
DirectX 9以上(WDDM 1.0ドライバー)

<ディスプレイ (画面解像度)>
1024×600

●チェック2:アップグレードできるエディション
次はアップグレードできるエディションを確認しよう。
たとえば、現在、Windows 7 Homeなら、アップグレードするとWindows 10 Homeになる。Windows 10 HomeとWindows 10 Proでは機能に違いがあるので、アップグレードによってHome/Proのどちらになるかには注意したい。



●チェック3:Windows 10にアップグレードすると削除される機能、未対応になる機能
Windows 10にアップグレードすると削除されたり、未対応になったりする機能もある。
あまりメジャーな機能はないので大きな問題にはならないと思うが、念のため、以下に挙げたので確認しておこう。なお、Windows 10 Homeにアップグレードすると、Windows Updateが自動化される点については、特に企業ユーザーは注意したい。

◆Windows Media Centerは削除される
以下のOSをWindows 10にアップグレードすると、Windows Media Centerが削除される。
・Windows 7 Home Premium
・Windows 7 Professional
・Windows 7 Ultimate
・Windows 8 Pro with Media Center
・Windows 8.1 Pro with Media Center

使っていないなら問題ないが、Windows Media Centerを利用しているユーザーは、注意したい。引き続き利用するなら、代わりの手段を見つけるまで、Windows 10へのアップグレードは待った方がよいかもしれない。

◆DVD再生ソフトウェアが必要になる
Windows 10には、DVD再生用のコーデックが用意されていない。
このため、これまでWindows Media PlayerでDVDを再生していたユーザーは再生できなくなる。再生するには、サードパーティ製のDVD再生ソフトウェアが必要となる。

◆Windows 7デスクトップガジェットは削除される
Windows 7用のデスクトップガジェットは、Windows 10をインストールすると削除される。

◆Windows 10 HomeのWindows Updateは強制化される
Windows 10 Homeでは、Windows Updateによる更新が自動化され、更新の有無をユーザーが選択することはできなくなる。
一方、Windows 10 Proは、更新のタイミングを制御できる。特に企業ユーザーの場合、業務で使っているマシンをWindows 10 Homeにすると、あとで困る可能性があるので注意したい。

◆Windows 7のソリティア、マインスイーパー、ハーツは削除される
Windows 7にあらかじめインストールされていたソリティア、マインスイーパー、ハーツはWindows 10にアップグレードすると削除される。なお、新しいバージョンのソリティアとマインスイーパーとしては、「Microsoft Solitaire Collection」 と「Microsoft Minesweeper」がリリースされている。

◆USBフロッピードライブは未対応
Windows 10では、USBフロッピードライブは標準ではサポートされない。利用するためには、メーカーが提供するドライバが必要になる。

◆Windows Live EssentialsのOneDriveが新しいOneDriveに置き換わる
Windows 10では、OneDriveがOSに統合される。このため、Windows 10にアップグレートすると、Windows Live Essentialsで提供されていたOneDriveのアプリケーションは削除され、新しいOneDriveに置き換わる。

●チェック4:その他のチェックポイント
ほかにもWindows 10でなくなる機能はある。
たとえば、Windows 8.1のチャーム、画面左に表示されるアプリ切り替えメニューは廃止される。慣れていたユーザーは要注意だ。

また、Windows 7/8.1と同様にデスクトップ用メールソフトも標準では用意されない。このため、デスクトップ用のメールソフトを利用するなら、Windows Liveメールなどのメールソフトを入れる必要がある。もちろん、これまで使っていたメールソフトがあれば、アップグレードしても引き続き使えるはずだ。

ちなみに、Windows 8.1に用意されていたストアアプリ版メールはPOP/SMTPメールに対応していなかったが、Windows 10のストアアプリ版メールは、POP/SMTPメールに対応している。


Windows 8.1のチャームもWindows 10ではなくなっている。


Windows 10のメールアプリ。POP3/SMTPに対応している。

●OSのアップグレードはやはり怖い! 最後は自己責任で
何だかんだいって、OSのアップグレードはやっぱり怖い。マイクロソフトは安全だというに決まっているが、ユーザーの環境はそれぞれまったく違う。
ゲーム専用のマシンと開発者のマシンではまったく違うし、仕事で使っているなら、絶対に失ってはいけないデータやアプリもあるはずだ。

したがって、絶対安全とはとてもいえない。何が起きるのかわからないのが、OSのアップグレードだ。
しかも、今回は、新しいWindowsがネットワークから配信されるはじめてのケースでもある。万が一に備え、重要なデータはバックアップをとってからアップデートすることをおすすめする。
急ぐのでなければ、しばらく様子を見てからでも、遅くはないだろう。

Windows 10の仕様
井上健語(フリーランスライター)