29日、韓国メディアによると、「世界で最も安全な都市」に東京が選ばれた。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は東京タワー。

写真拡大

2015年1月29日、韓国・聯合ニュースによると、「世界で最も安全な都市」に東京が選ばれた。

【その他の写真】

英経済誌エコノミストの調査機関、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)がサイバーセキュリティー、治安、健康環境、インフラの安全性など4つの分野について世界50都市を評価。1位には100点満点中85.63点を獲得した東京が選ばれた。2位は84.61点のシンガポール、3位には82.36点の大阪。4位以下にはストックホルム、アムステルダム、シドニー、チューリヒ、トロント、メルボルン、ニューヨークが続いた。また、ソウルは70.9点で24位だった。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「日本旅行に行ってきたが、女子高生が夜遅くまで外を歩き回っていて、道を尋ねても少しも警戒しない。それだけ日本は安全ということだ。道もとてもきれいだった」
「昨年行った大阪旅行は最高だった。そして負担に感じるほど日本人は親切だった。日本が上位に入るのは当然」

「いくら韓国が急成長を遂げたと言っても、日本にはまだまだ及ばない。日本人は骨の髄まで先進国民。韓国人は日本をライバル視しているが、日本人は韓国を相手にもしない」
「これは認める。日本は市民意識が最高!バスに乗ると必ず優先席が空いている…」

「日本に住めたらどんなに幸せだろう?むやみにクラクションを鳴らすドライバーもいないし、どこへ行っても『ありがとう』と『すみません』が飛び交っている。日本で嫌な思いをしたことは一度もない」

「ニューヨークが10位でソウルが24位?あり得ない」
「日本は治安は良いかもしれないけど、放射能が心配だ」

「江南区を除けばソウルが1位になれるのに」
「ちゃんと調査したのかな?ソウルも治安は悪くない。10位以内には入っていい」(翻訳・編集/堂本)