5日放送のラジオ番組「ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB」(文化放送)で、テレビプロデューサーの菅賢治氏が、日本テレビ退社の理由を明かした。

菅氏は、プロデューサーとして「ダウンタウンガキの使いやあらへんで!!」をはじめ、「恋のから騒ぎ」「踊る!さんま御殿」など数々のバラエティを手がけた。昨年3月に日本テレビ放送網株式会社を退社し、現在は「BRAIN BROTHERS GAASU ENTERTAINMENT」でフリープロデューサーとして活動している。

「NewsCLUB」で菅氏は、日本テレビについて「凄く良い会社だった」と称賛したうえで、同社での制作現場の内情を語った。

菅氏によれば、同社では役職が高くなればなるほど、現場から離れることになるという。菅氏は制作現場への強い思いがあったため、「あれ、これ良いのかな?」と疑問を抱いたそう。

菅氏は「僕が圧倒的に思ったのは、芸人さんとずっと一緒で死にたいって思ったんですよ。他は要らないんです。芸人さんだけ」と打ち明け、退社せざるを得なかったことを告白した。

さらに、菅氏は「BRAIN BROTHERS GAASU ENTERTAINMENT」について「頭脳集団みたいな。ディレクターで一生懸命やってて才能あるのに、まあ図らずしも出世していって『現場ってやっぱり良いよな』って思ってる人と一緒に組んでやりたい」と語り、組織を越えた番組作りへの意欲を明かした。

【関連記事】
「絶対に笑ってはいけない」で、天津・向清太朗のアゴが外れるアクシデント
松本人志がアグネス・チャンに「ポンコツ」と発言 浜田雅功も「いまだに日本語カタコト」とダメ出し
ダウンタウン浜田雅功が明石家さんまを初めてひっぱたいた時のことを明かす「目がめっちゃ怖かった」