コラムニストの犬山紙子氏が、4日放送の「まろまろ一笑懸命」(テレビ朝日系)での綾小路きみまろについて「ASKAに似ている」と指摘した。

番組では、きみまろが40年来の憧れの人、金井克子と往年の戦友とも言うべき存在、冠二郎の2人の前で、20代の頃にキャバレーで演じていた漫談を披露することになった。

キャバレー時代の漫談はテレビ初披露だと語るきみまろは、白のタートルネックにグレーのジャケットを羽織り、髪型はウエイブのかかった少し眺めの髪型で、モダンな印象を醸しだした。

そんなきみまろの容姿について犬山紙子氏がTwitterで、歌手のASKAに似ているとツッコミを入れる投稿をした。



番組ではこの後も、きみまろが様々な髪型と服装をまとい、自身の半生を振り返った。

【関連記事】
坂上忍がASKA復帰「肯定」派にブチギレ「擁護したらだめじゃん!」
松本人志 きゃりーぱみゅぱみゅの堂々デートにやらせ疑う「CMギャラもらってるんじゃ」
おしどり夫婦キャラの林家ペー、私生活では妻・パー子を30年間怒鳴り続けていた