韓国のテコンドー大会で50秒に警告7回だされ選手が反則負け→八百長が明らかに

ざっくり言うと

  • 韓国で、高校生のテコンドー大会における八百長が明らかになった
  • 審判の男が、終了50秒前に7回連続で警告をだし、選手が反則負けに
  • 自殺した選手の父親の遺書から不正が発覚し、審判の男が逮捕された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング