ダウンタウン松本人志の意味深なTwiterの投稿が憶測を呼んでいる。

6日午後、松本は前触れなく「リンカーンよりリンカーンのほうが面白かったわ。。。」とTwitterに投稿。松本がここであげた「リンカーン」とは何のことなのだろうか。

「リンカーン」という固有名詞にはテレビ番組名、第16代アメリカ合衆国大統領の名前、高級車のブランド名など、複数の可能性がある。「面白かった」という言葉は、人やコンテンツを評価するものだろう。すると松本が投稿した「リンカーン」としては、昨年まで放送されていたバラエティ番組「リンカーン」(TBS系)、またはスティーヴン・スピルバーグ監督の映画「リンカーン」などが挙げられる。

仮にこのどちらかだとしても、松本の投稿はどちらの「リンカーン」をより「面白かった」と評価しているのだろうか。謎は深まるばかりだ。

こうした松本のツイートには「ダウンタウンより、ダウンタウンのほうが、面白いってこと?」「深すぎて凡人にはわかりません」「おぉ…分からないぞ笑」「私は大統領リンカーンより番組リンカーンの方が好きですよ」「松ちゃんすみません!!!わけがわかりません!!笑」「高度な、なぞなぞ出されてるみたいでプレッシャー。。。」といった返信も寄せられており、困惑したユーザーもいるようだ。

松本は過去にもTwitterで「タレントの高額所得を取り上げる前に高額納税者だと知れ」と意味深な投稿したことがある。この際には、Twitterユーザーから賛否両論の反応が寄せられたが、後日、バラエティ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)で「僕の中では予想通りというか、しめしめというかね」などと、確信的に疑問を生む投稿をしていることを明かしていた。今回もそういった意図があったのだろうか。


【関連記事】
松本人志が「テレビ局の自主規制」に心境を吐露 「現場で面白くても、オンエアで伝わってないこともある」
松本人志「猪瀬知事のカバン、今年の面白ベスト10入りかも」のツイートに「映画はつまらなかったベスト10」の返信が
松本人志、高額納税発言への賛否は「予想通り。考え方広がる。払いたくないと言ってない」