米倉涼子【撮影:編集部】

写真拡大

 米倉涼子が、22日放送の『1番だけが知っているSP』(TBS系)に出演。気になる役者について語る一幕があった。

 ディレクターによるインタビューで、「この子凄いなとか脅威に感じる女優さんはいるか」と聞かれると、米倉は「何かやっぱり大人気なくて、対抗心が湧いちゃうんですよね私」と意外な思いを吐露。

 そんな中、脅威に感じる後輩女優を尋ねられると、「黒木華さんと共演させていただいたことがある」としながら、「まったく違う物として、違う動物として見てました。人間なんですけど、種類が違う人間」と、存在感に惹かれたと言及。

 さらに「勝てないと思った俳優」を質問されると、西田敏行の名を挙げた米倉。初めて出た大河ドラマのセリフ合わせで、「泣いた記憶がある」と回顧し、「上手くて感動した」と振り返っていた。