菅直人元首相

写真拡大

 立憲民主党最高顧問で、「史上最悪の宰相」と呼ばれた菅直人元首相のツイッターへの投稿に、国民民主党や周辺から「傲慢極まる」「何様のつもりだ!」などと反発が相次いでいる。菅氏は国民民主党を「理念が不明確」と酷評して「解散」を提唱したうえで、個別議員に立憲民主党への「再結集」を呼びかけたのだ。

 国民民主党の原口一博国対委員長は11日の記者会見で、平野博文幹事長が菅氏に投稿内容について抗議したことを明かし、「野党共闘の障害になる」と強い不快感を示した。原口氏は野党の国対幹部会合でも、立憲民主党の辻元清美国対委員長に、菅氏の投稿への苦言を述べた。

 国民民主党幹部は、菅氏がかつて四国霊場八十八カ所をめぐる「お遍路」に臨んだことを引き合いに、「もう一度お遍路に行った方がいい。煩悩が取れていない」と語った。

 衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」代表の野田佳彦元首相も11日の記者会見で、「たまたま支持率が高い党が『上から目線』で物事を言うと、周りの人を傷つける」と述べた。

 菅氏の存在や言動が「野党結集の邪魔」になっているなら、政界引退を考えた方がいい。