ダーツの世界王者に輝き、トロフィーを手に喜ぶ鈴木未来

写真拡大

 英国で開催されたダーツの世界選手権「レイクサイド」の決勝が12日に行われ、女子決勝に進出した日本の鈴木未来(37)が初優勝を果たし、世界王者に輝いた。

 日本では国内最強の女子プレーヤーとして名をはせている鈴木は、今回アジア人として世界の頂点を決める大会に初出場。決勝ではイギリスのロレイン・ウィンスタリーを破り、初優勝を飾った。