AbemaTV(アベマTV)のトークバラエティ番組 『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#96 が1月7日(月)、よる9時より放送される。同番組はお笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務める、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、“ブスとは何なのか”を徹底討論していく。

 #96では“ブス枠”ゲストとして、にゃんこスターアンゴラ村長、Mr.マリックの娘でもあるアーティスト・LUNAらが出演。“美人枠”にはモデル・タレントの大石絵理も出演し、その他のブスゲストとともに、「ブスの年越し」「おめでたいH」といったエピソードについて語り合う。

 この日は、カップルでコンビを組むにゃんこスター・アンゴラ村長が、相方・スーパー3助に対する不満を告白。いまだ交際は継続中というものの、小木から「別れたら解散なんだっけ?」と聞かれると、「別れても(コンビを)続けたほうが面白いかな? って」「大人の考えになってきた」と心境の変化を明かす。小木と矢作から「って言うことは、いま上手くいってないな?」「別れたらっていうことを考えている時点で」と問い詰められ、アンゴラ村長は「人間的にはすごく好きなんですけど、芸人的としてはかなりクズだなって思っていて」と苦笑い。その理由について、「芸人と夜中すごく飲みに行くんですけど、『芸のため』と言うのがサムいなって思っている」「朝帰ってきて夕方まで寝ているんです。そんな生活だから15年売れなかったんじゃないかなって、ムカッときちゃって」とぶちまける。

 アンゴラ村長の告白を聞いて、矢作は「それは芸人としてっていうか、人としてダメじゃないの?」とスーパー3助の人間性を疑問視。矢作が「正直、どう? 今年いっぱいもちそう?」と問いかけると、アンゴラ村長は「もち……」と一瞬言葉を詰まらせ、その様子を見た小木と矢作は「もたないね」「別れるね」と、年内の破局を予言する。

  『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#96 は、1月7日(月)よる9時より、AbemaTV・AbemaSPECIALチャンネルで放送される。

(c) AbemaTV