梶原雄太(画像提供:所属事務所)

写真拡大

梶原雄太/モデルプレス=10月1日】お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太が1日、YouTuberとしてデビュー。公式YouTubeチャンネルの登録者数が2019年の年末までに100万人を達成しない場合、芸人を引退する決意のもと、本気でYouTuberとして活動していく。

【さらに動画を見る】キンコン梶原雄太、YouTuberデビュー 初回の内容は?

YouTubeチャンネル「カジサックの部屋」を1日18時より開設し、赤いジャージに白いタオルのハチマキががトレードマークのYoutuber「カジサック」として配信していく。初回では#1を配信し、YouTuberへの熱い思いと決意が本人から語られる内容となっている。

◆キンコン梶原、活動に意気込み


芸人引退をかけた挑戦について、梶原は「タレント業をしながらYouTuberでの成功。では成功とはなにか?2019年年末までに100万人登録と勝手に設定させて頂きました」と説明。また、相方の西野亮廣の反応を「ええやんええやん!と大笑いしていました」と明かし「僕は本気でYouTube界に新しい風を吹かせたいと思っています。現状TVとYouTubeのお客様の間にはぶ厚い壁があると感じてます。そこをブチ壊したいなと。TV離れしているYouTubeのお客様をもう一度TVへ、YouTubeを見ないTVのお客様をYouTubeへ、そう考えています」と意気込み、思いを語った。(modelpress編集部)

◆梶原雄太 コメント


― YouTuberになろうと思ったきっかけは?

一番最初は、芸人が有名YouTuberの方に絡みに行くって新しいと感じ、行動(ラファエルさん、ヒカルさん、へきハウスさんのチャンネルにお邪魔)したのがキッカケです。最初は目標もなく、がむしゃらに行動してたのですが、行動して行く中で色々な人と出会い、タレント業をしながらYouTuberになって成功する、とゆう目標に至りました。

― YouTuberになっての目標は?

タレント業をしながらYouTuberでの成功。では成功とはなにか?2019年年末までに100万人登録と勝手に設定させて頂きました。

― 現在の活動とYouTuberになってからの活動、具体的に変わるところは?

わかりやすい所でゆうと、休みなし、睡眠時間、家族の時間もとれない。それぐらい変わらないと結果はでないと思っています。

― YouTuberデビューされるにあたって、相方の西野さんの反応は?

ええやんええやん!と大笑いしていました。

― YouTuberのデビューへの意気込み

僕は本気でYouTube界に新しい風を吹かせたいと思っています。現状TVとYouTubeのお客様の間にはぶ厚い壁があると感じてます。そこをブチ壊したいなと。TV離れしているYouTubeのお客様をもう一度TVへ、YouTubeを見ないTVのお客様をYouTubeへ、そう考えています。間違いなく簡単な事ではないと理解しています。今まで芸能人の方がYouTubeに参戦していますが、その方々とは違ったアプローチの仕方で、なにか新しい風を吹かせたい、と、本気で考えています。

【Not Sponsored 記事】