角界に衝撃が走った

写真拡大

「貴の乱」という言葉が初めて使われたのは、2010年の理事選だった。

 当時、角界最大勢力を誇っていた二所ノ関一門内の“候補者調整”に反発した貴乃花親方が、一門を割って出て理事に立候補。同調者が相次ぎ、当選を果たす。追随した他の親方とともに「貴乃花グループ」を形成し、2014年には「貴乃花一門」の旗揚げが認められた。

 今回の突然の引退騒動の真相には、「かつて決別した仇敵一門」が深く絡んでいる。秋場所中に貴乃花親方と直接話した後援者の一人が証言する。

「7月に理事会が、“すべての親方は5つの一門のいずれかに所属しなければならない”と決めたことを受け、旧貴乃花一門の親方衆で構成する“阿武松グループ”が揃って二所ノ関一門に入ることになった。そのことに貴乃花親方は非常に憤慨している様子で、『これはショックですよ……』と言葉を失っていました」

 貴乃花親方は9月25日の引退会見で、昨年、横綱・日馬富士(当時)が起こした暴行事件への対応を巡って、内閣府に提出した告発状が「事実無根」だったと認めるよう協会から圧力を受けたと明かし、それが引退の理由だと説明していた(協会は圧力を否定)。

 だが、真相は違うところにありそうだ。

 今年6月に貴乃花親方は自らの名前を冠した一門を離脱。一門の残りの親方衆は、理事の阿武松親方(元関脇・益荒雄)を中心としたグループを形成していた。

「貴乃花親方としては、同じ一門だった同志たちが、よりによって自らが決別した二所ノ関一門に戻ることが許せなかったのではないか。八角理事長(元横綱・北勝海)と対立している構図ばかりが強調されるが、貴乃花親方と手が合わないのはむしろ、協会ナンバー2で二所ノ関一門の総帥である尾車親方(元大関・琴風)だとされる。父である先代の二子山親方(元大関・貴ノ花)の時代から関係がよくない。

 また、引退後に確執があり、“犬猿の仲”となった高田川親方(元関脇・安芸乃島)も二所ノ関一門。“角界改革のバトン”を阿武松親方に渡したつもりだった貴乃花親方としては、盟友に裏切られた気持ちもあったでしょう」(同前)

 結果として、旧貴乃花一門のメンバーが二所ノ関一門に入り、8年前の「貴の乱」以前の体制に逆戻りした格好だ。

 貴乃花親方が会見で口にした「圧力」についても、二所ノ関一門が絡んでいたとする見方がある。

「二所ノ関一門のある親方が“告発状は事実無根と認めて、一門に復帰すべきだ”と声を掛けていたといいます。その親方は、先代の二子山親方とは“兄弟分”のような関係で、前々から『自分が間に入って貴乃花を(二所ノ関一門に)戻らせる』と話していた。今回もよかれと思って、説得にあたったかたちだが、貴乃花親方の一門への不信感が予想以上に大きかった。それで、むしろ『圧力』という話になってしまったようだ」(後援会関係者)

※週刊ポスト2018年10月12・19日号