難攻不落の姫路城の石垣を登る自衛隊 何をしているのかと思ったら?

写真拡大 (全2枚)

2016年12月20日、世界文化遺産である兵庫県・姫路城の大天守を掃除する陸上自衛隊の姿が、忍者のようだと改めて話題になっています。

石垣を登る自衛隊

大天守の掃除を行ったのは、陸上自衛隊姫路駐屯地レンジャー部隊の隊員12名。

毎年、同駐屯地の自衛隊と市民、計900人ほどが参加し、堀や石垣などを清掃する『姫路城クリーン作戦』を実施していました。

※写真はイメージ

しかし、大天守の屋根裏を掃除するのは初めてだったそうです。

忍者のように石垣を登り、大天守を掃除する様子をご覧ください!

ロープでしっかりと安全を図りながら、長さ約3mのほうきでクモの巣やほこりなどを取り除きました。

レンジャー部隊が華麗に掃除する姿を見て、感謝のコメントが寄せられています。

・災害などだけでなく、こういった仕事もしていたんですね。ありがとうございます。

・難攻不落の城の石垣を登るってすごいですよね。本当にお疲れ様です。

・日々たゆまぬ訓練をする、自衛隊の活動を誇りに思います。

「OH!NINJA!」と外国人観光客が喜んでしまいそうな、自衛隊の手際のよい姫路城掃除。これからも安全第一で頑張ってください!

[文・構成/grape編集部]