「テミスの剣」制作発表記者会見に登場した船越英一郎

写真拡大

 俳優の船越英一郎(57)が24日、都内でテレビ東京のドラマ特別企画「テミスの剣」(27日後9・00)製作発表記者会見に出席。会見終了後、妻でタレントの松居一代(60)との離婚騒動について聞かれると「悪くても感謝ですね。それに尽きます」。元気ですか?との問いかけには「大丈夫です」。この騒動乗り越えられそうですか?と聞かれると「そうですね」と笑顔を見せ、退場した。

 同ドラマは中山七里氏の同名小説が原作。「本物の正義とは何か」を問いかけるヒューマンサスペンス。船越は検察庁の検事を演じる。“正義”を司る役ということで「力なき正義は無力であり、正義なき力は暴力だ』というセリフがある。自分を律しながら生きていくのがいかに大変なことなのか、説得力を持ちながら演じるのは至難の業だった」と苦労を吐露。またドラマの内容にちなみ、正義を貫く信念や座右の銘を聞かれた船越は「『悪くても感謝』です。世の中色んなことが起きます。素敵なこともあれば、とんでもない悪いことも自分が想像しないような事態も起きます。そんな悪いことが起きても全部に感謝しようと。色んなこと1つ乗り越えると乗り越える前より強くなった自分がいると思う。ひどいことを言われても言った人に感謝してしまおうと思っています」と意味深に語っていた。

 ほかに上川隆也(52)、伊東四朗(80)、中山七里氏が出席した。