長崎平和式典で無関係な主張 被爆者や遺族は冷ややかな目

ざっくり言うと

  • 9日の長崎平和式典で、「政権打倒」など無関係な主張を繰り返す集団がいた
  • 多くの被爆者や遺族は、冷ややかな目を向けていたという
  • ある遺族の男性は「自己満足で、人の心に土足で踏み込んでいる」と憤った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング