大橋悠依が水泳世界選手権で銀メダルを獲得 200メートル個人メドレー

ざっくり言うと

  • 24日、水泳世界選手権の競泳女子200メートル個人メドレー決勝が開かれた
  • 大橋悠依が2分7秒91の日本新記録で2位に入り、初のメダル獲得
  • 大橋は「とにかく思い切っていこうと集中してがむしゃらに泳いだ」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング