浜崎あゆみインスタグラムより

写真拡大

 立て続けのバラエティ出演が、ネットユーザーから注目を浴びていた浜崎あゆみ。スタッフ総勢25名を引き連れてテレビ局入りしたというエピソードや、ブランドアイテムのコレクションが披露されるなど、番組内では“大物セレブぶり”が大々的に取り上げられ、視聴率も上昇したが、番組スタッフからは「もう二度と呼びたくない」といった声が漏れているという。

「浜崎が出演したのは、6月19日放送の『しゃべくり007』と7月5日放送の『今夜くらべてみました』(ともに日本テレビ系)。ライブツアーの番宣出演と見られ、両番組とも、“歌姫あゆ”を盛り上げるような内容になっていました」(スポーツ紙記者)

 その後、7月11日発売の「女性自身」(光文社)が、浜崎は日テレの楽屋は使用せず、局に隣接した高級ホテル「コンラッド東京」のロイヤルスイートルームを貸し切り、ルームサービスと併せて100万円以上支払ったと報じていた。

「しかし、ネット上で盛り上がったのは、こうした浜崎のセレブぶりではなく、浜崎の激太りに対してでした。番組内で流れた過去映像と見比べて、『年を取ったとはいえ、さすがに太りすぎ』『女子プロレスラーに見えちゃう』などと苦言を呈する書き込みが多発したんです」(同)

 浜崎本人も番組出演後、こうした世間の声を気にしたのか、後日、所属のエイベックスを通じて日テレ側に、「確認もなく、太っているように見える映像を使用したこと」へのクレームが入ったという。

「そんなことを言われても、日テレとしては対処しきれませんよ。浜崎は収録中も、途中で『これはムリ』などと言い出して企画変更を要求するなどやりたい放題で、周囲から呆れられていました。本人的には、『出てやってる』という認識なのかもしれませんが、局側としては『出してやってる』ワケで、よほどのことがなければ、今後、浜崎にオファーをかけることはないでしょう」(日テレ関係者)

 浜崎はエイベックスの組織改革以降、バラエティ出演など、これまでになかったプロモーションを行わざるを得ない状況というが、この有様ではテレビに進出しようにも出演できる番組がなくなってしまうかもしれない。