映画『50年後のボクたちは』ファティ・アキン監督、14歳の少年2人の瑞々しい青春描くロードムービー

写真拡大

映画『50年後のボクたちは』が、2017年9月16日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国の劇場にて順次公開される。

原作はドイツの国民的小説「14歳、ぼくらの疾走」

原作は、ドイツ国内で220万部以上を売り上げる大ベストセラーとなったヴォルフガング・ヘルンドルフによる小説「14歳、ぼくらの疾走」。子ども以上・大人未満の14歳という一瞬の煌めきを瑞々しく捉え、かつての自分を思い出させてくれるような爽やかで切ない2人の少年の旅路を描いた国民的小説だ。

ストーリー

学校では目立たず、家庭環境も不穏で退屈な毎日を送る14歳の主人公マイク。ある日、風変わりな転校生のチックと出会ったマイクは、無断で借用したオンボロ車で、地図にない場所「ワラキア」を目指して走りだす。破天荒で自由気ままなチックに導かれるように、2人の人生にとって忘れがたい旅がはじまるー。

ドイツの名匠、ファティ・アキン監督作

メガホンを執ったのは、ベルリン国際映画祭金熊賞(『愛より強く』)、カンヌ国際映画祭脚本賞(『そして、私たちは愛に帰る』)、そしてヴェネチア国際映画祭審査員特別賞(『ソウル・キッチン』)と、世界三大国際映画祭の全てで主要賞を受賞し、最新作「In The Fade」も今年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品されている、ドイツの名匠ファティ・アキン。

作品情報

映画『50年後のボクたちは』
公開日:2017年9月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次公開
監督・共同脚本:ファティ・アキン
脚本:ラース・フーブリヒ
原作:ヴォルフガング・ヘルンドルフ(「14歳、ぼくらの疾走」)
出演:トリスタン・ゲーベル、アナンド・バトビレグ
原題:Tschick
©2016 Lago Film GmbH. Studiocanal Film GmbH


[写真付きで読む]映画『50年後のボクたちは』ファティ・アキン監督、14歳の少年2人の瑞々しい青春描くロードムービー

外部サイト

  • 映画『きっと、いい日が待っている』デンマークで2人の幼い兄弟が起こした愛と奇跡の物語を映画化
  • 映画『アトミック・ブロンド』デヴィッド・リーチ監督、シャーリーズ・セロンが最強の女スパイに
  • 映画「トリガール!」主演・土屋太鳳、監督・ヒロイン失格の英勉 - 空飛ぶ青春ラブコメ